苦労人アイドルと渡部大好き女子大学生が幸運の女神に

2016/03/08 23:30 配信

バラエティー

「白黒アンジャッシュ」新アシスタントに決まった唐澤美玲さん(左から二人目)と東まりな(中央)

「白黒アンジャッシュ」新アシスタントに決まった唐澤美玲さん(左から二人目)と東まりな(中央)

アンジャッシュがMCを務めるバラエティー「白黒アンジャッシュ」(毎週火曜夜11:00-11:30、チバテレほか)の5代目アシスタントが、3月8日の放送で発表された。

'15年夏に始まった前代未聞のプロジェクトは、番組がいつまでも継続するよう、顔もスタイルも経歴も年齢も問わず、手相の写真だけで女性に応募してもらい、運だけでアシスタントを選ぶというもの。番組公認占い師・ゲッターズ飯田が、応募総数503通の手相全てを鑑定。この日の放送では最終候補者となる5人の女性がスタジオに登場した。

最終候補者は'15年8月にAKB48を卒業した松井咲子、俳優の卵でアルバイトもしている熊井佐那子、芸歴6年の26歳のアイドル・東まりなとタレント3人の他、「NMB48・矢倉楓子が推しメン」というアイドル研究会に所属する大学生のあやさん、グッズを持参してくるほど渡部建が大好きな長野出身の大学生・唐澤美玲さんと、一般人2人も最終候補に残った。

松井は「番組を見たことはないが、お笑い芸人の番組でアシスタントを務めるのが夢だった」とアピール。ゲッターズ飯田からは「気遣いができる、アシスタント向き」と言われ、誰よりも早く児嶋一哉の“名前いじり”をするなど、アシスタント就任に近いことを感じさせた。

また、渡部ファンの唐澤さんは、ゲッターズ飯田から「渡部との相性は一番いいが、児嶋とは破壊的にかみ合わない」と言われたが、児嶋に構うことなく大喜び。東は「剣道の心で番組をサポートする」と胴着姿で登場するも、特技として“高速アルプス一万尺”を披露するなど、独特の空気感で笑いを誘った。

これらの自己アピールは審査と特に関係はなく、あくまで選考基準は手相。ゲッターズ飯田は「変わることがある」とギリギリまで候補者の手相を確認し、バックステージで番組スタッフと審議した上、「'16年の運の流れがよく、アンジャッシュとの相性がかなりいい」と、東と唐澤さんの二人を新アシスタントに決定した。

東は「アイドルの不良債権と呼ばれてきたので、この番組で取り戻したい」と、これまでの苦労を振り返って思わず号泣。唐澤さんは「渡部さんが好きなだけで残ってしまった。迷惑を掛けないように頑張りたい」と、対照的なコメントで喜んだ。

渡部は「好対照な二人でいいですね。これからどうなるか、僕らも分からないのでワクワクします」と、児嶋は「ここから化学反応でどうなっていくのか。運がいいってことは視聴率を上げてくれるかな」と、新アシスタントの活躍に期待した。

新アシスタントの二人は4月5日(火)放送回から登場する。

「白黒アンジャッシュ」
毎週火曜夜11:00-11:30
再放送は毎週土曜夜1:00-1:30
チバテレほか、STV札幌テレビ、とちぎテレビ、群馬テレビ、tvk、テレ玉、三重テレビ、広島HOMEテレビ、西日本放送、テレビ金沢で放送

【HP】chiba-tv.com/program/detail/1011

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース