閉じる

浅利香津代(あさりかづよ)

  • 出演情報

浅利香津代のプロフィール

誕生日
1944年8月11日
星座
しし座
出身地
秋田県秋田市
血液型
B型
日本大学芸術学部演劇学科を卒業した後、望月優子に師事。その後新劇の第一次、第二次劇団新人会で8年、劇団前進座で中村翫右衛門に師事し10年在団した後フリーに転身、現在に至る。初舞台は劇団新人会「動物作戦」。前進座「釈迦内柩唄」(藤子役にて文化庁主催芸術祭優秀賞受賞)、国立劇場「曾根崎心中」-文楽人形とのジョイント(関西十三夜会賞受賞 お初役・香津代)、こまつ座「雪やこんこん」(和子役にて紀伊國屋演劇賞受賞)など、多数の舞台で活躍する。NHK朝のテレビ小説「雲のじゅうたん」「おていちゃん」「心はいつもラムネ色」「ひまわり」、NHK大河テレビ「独眼竜正宗」「春日局」「炎立つ」「葵・徳川三代」などに出演。映画では「鹿鳴館」「息子」などに起用される。特技の日本舞踊、地唄舞はともに名取り名を持つ。三味線、義太夫も得意である。

浅利香津代のドラマ出演作

  • No Image
    ゴンゾウ〜伝説の刑事(2008年)過去に負った精神的ショックで重度のPTSDを引き起こすようになってしまった元エリート刑事・黒木。備品係となり“ゴンゾウ(=力はあるが働かない人を示す警察用語)”と呼ばれる日々を送っていた黒木だったが、捜査一課の元部下の要請で再び現場へと復帰する。
  • No Image
    松本清張特別企画「渡された場面」(三浦友和主演)(2005年)
  • No Image
    離婚弁護士II〜ハンサムウーマン〜(2005年)離婚も企業問題も扱う異色の弁護士として雑誌にも取り上げられる存在となった貴子。そんな貴子のもとに結婚目前で逃げた恋人・青木を婚約不履行で訴えたいと、OLの麻美が訪れる。しかし青木側の弁護士・絵里は、青木は麻美と婚約どころか交際すらしていないと主張する。
  • No Image
    葵 徳川三代(2000年)徳川300年の礎を築いた家康(津川雅彦)、秀忠(西田敏行)、家光(尾上辰之助)の3代を中心に、志の継承、人間の教育、家庭のあり方を描いた大河ドラマ。物語に関する知識や情報を提供する案内役は、水戸光圀を演じた中村梅雀が務めた。大河ドラマで初めて全編ハイビジョンで撮影された作品である。
もっと見る

浅利香津代の映画出演作

  • No Image
    寝ずの番(2006年)
  • No Image
    釣りバカ日誌15 ハマちゃんに明日はない!?(2004年)
  • No Image
    千年の恋 ひかる源氏物語(2001年)
  • No Image
    学校(1993年)
もっと見る

浅利香津代のその他出演作

  • クイズ!脳ベルSHOW
    クイズ!脳ベルSHOW(2015年)
もっと見る

浅利香津代のVOD

※会員専用のVODが含まれております。VODの視聴には各社のサービスに加入する必要があります。

もっと見る

浅利香津代の関連人物

  • 笹野高史

    笹野高史

  • No Image

    西田敏行

  • No Image

    神山繁

  • 床嶋佳子

    床嶋佳子

  • 天海祐希

    天海祐希

  • No Image

    山田洋次

  • 竹下景子

    竹下景子

  • 浅田美代子

    浅田美代子

  • No Image

    鷲尾真知子

  • No Image

    織本順吉

  • BS12特集

    BS12特集

  • 【春アニメまとめ】2023年4月期の新アニメ一覧

    随時更新中!【春アニメまとめ】2023年4月期の新アニメ一覧

  • コミック試し読みまとめ

    話題の作品がいっぱい!コミック試し読みまとめ

  • ぼる塾の酒寄さんちょっと聞いてくださいよ

    第14回公開!ぼる塾の酒寄さんちょっと聞いてくださいよ

  • 連載「Museの素顔」

    第12回は長野美郷が登場連載「Museの素顔」

  • =LOVEの野口衣織 連載「いおはにほへと。~神アニメ×神セリフ=♡~」

    #10 「パリピ孔明」を語る=LOVEの野口衣織 連載「いおはにほへと。~神アニメ×神セリフ=♡~」

もっと見る

Q&A

浅利香津代の誕生日は?
1944年8月11日です。
浅利香津代の出身地は?
秋田県秋田市です。
浅利香津代の星座は?
しし座です。
浅利香津代の血液型は?
B型です。
浅利香津代のプロフィールは?
日本大学芸術学部演劇学科を卒業した後、望月優子に師事。その後新劇の第一次、第二次劇団新人会で8年、劇団前進座で中村翫右衛門に師事し10年在団した後フリーに転身、現在に至る。初舞台は劇団新人会「動物作戦」。前進座「釈迦内柩唄」(藤子役にて文化庁主催芸術祭優秀賞受賞)、国立劇場「曾根崎心中」-文楽人形とのジョイント(関西十三夜会賞受賞 お初役・香津代)、こまつ座「雪やこんこん」(和子役にて紀伊國屋演劇賞受賞)など、多数の舞台で活躍する。NHK朝のテレビ小説「雲のじゅうたん」「おていちゃん」「心はいつもラムネ色」「ひまわり」、NHK大河テレビ「独眼竜正宗」「春日局」「炎立つ」「葵・徳川三代」などに出演。映画では「鹿鳴館」「息子」などに起用される。特技の日本舞踊、地唄舞はともに名取り名を持つ。三味線、義太夫も得意である。