閉じる

カラマーゾフの兄弟

ドラマ

2013年1月12日-2013年3月23日/フジテレビ

ロシアの作家・ドスエフスキーの名作を現代の日本にアレンジしてドラマ化。黒澤家は、多くの土地を持ち、町の経済は“クロサワ”中心に回っていた。その黒澤家には3人の息子がいた。そんなある日、父・文蔵が自宅の寝室で殺されているのが発見されるが、死体はなぜか奇妙な形をしていた…。間もなくして3兄弟は父親殺しの容疑者として連行される事に。

  • あらすじ

  • キャスト・キャラクター

  • ニュース

カラマーゾフの兄弟のあらすじ

第11話 カラマーゾフの兄弟「真実の色」
2013年3月23日 フジテレビ

文蔵(吉田鋼太郎)のもう一人の子供が末松(松下洸平)だと突き止めた勲(市原隼人)は、末松に真実を明かすよう詰め寄る。すると、末松は「あなたのために殺した」と告げる。さらに、のろわれた一族の血を絶つことが二人の宿命だったと断言。だが、勲に否定された末松は、勲の首に手を掛ける。

詳細を見る
第10話 カラマーゾフの兄弟「顔の無い仔」
2013年3月16日 フジテレビ

満(斎藤工)の弁護を担当する勲(市原隼人)は、事件当日の満の行動を調べ始める。供述調書と久留美(芳賀優里亜)の証言に食い違いを見つけた勲は、満にある確認を取る。一方、涼(林遣都)は八重子(山野海)から文蔵(吉田鋼太郎)にもう一人子供がいたと聞き、施設に預けられた子供のその後を追うことに。

詳細を見る
第9話 カラマーゾフの兄弟「引き裂かれた果てに」
2013年3月9日 フジテレビ

満(斎藤工)の無実を信じる涼(林遣都)は、久留美(芳賀優里亜)に話を聞くことに。そこで涼は、満が弟たちを守れず後悔していたことを知る。一方、勲(市原隼人)は文蔵(吉田鋼太郎)の影におびえるように。そんな中、満の拘置が決定し、涼は入江(滝藤賢一)にもう一度捜査をやり直すよう懇願する。

詳細を見る
第8話 カラマーゾフの兄弟「断ち切れない鎖」
2013年3月2日 フジテレビ

黒澤邸に戻った勲(市原隼人)と涼(林遣都)は、小栗(渡辺憲吉)から文蔵(吉田鋼太郎)の会社の後継者を決めてほしいと頼まれる。自室で一人になった勲は、初めて訪れる安寧な感覚に浸る。一方、加奈子(高梨臨)の元に入江(滝藤賢一)が訪れ、満(斎藤工)が久留美(芳賀優里亜)と逃げようとしていたと告げる。

詳細を見る
第7話 カラマーゾフの兄弟「黒く潰された空白」
2013年2月23日 フジテレビ

小栗(渡辺憲吉)から証言を得た入江(滝藤賢一)は、満(斎藤工)を追い詰めていく。一方、犯行時刻の行動を黙秘し続ける涼(林遣都)と勲(市原隼人)だったが、身の潔白が証明され、釈放される。そんな中、満は入江から「文蔵(吉田鋼太郎)の爪の間からDNAが検出された」と告げられ、逮捕される。

詳細を見る
第6話 カラマーゾフの兄弟「死を刻む砂音」
2013年2月16日 フジテレビ

意識不明だった文蔵(吉田鋼太郎)の秘書・小栗(渡辺憲吉)が目を覚ました。刑事・入江(滝藤賢一)は、事件の真相を問いただす。事件2日前、勲(市原隼人)は文蔵に新たな仕事を指示される。杉卓工務店との一件で終わられないと知った勲は、がくぜんとする。一方、涼(林遣都)は母親の死の原因を調べ始める。

詳細を見る
第5話 カラマーゾフの兄弟「剥がれる仮面」
2013年2月9日 フジテレビ

事件当日のことを話そうとしない三兄弟に、刑事(滝藤賢一)はいら立ちを募らせる。事件4日前、文蔵(吉田鋼太郎)との関係修復のため、工務店の杉山(水野智則)がやって来る。だが、文蔵は逆らった見せしめだと断絶。杉山の息子・一郎(樋口海斗)を心配する涼(林遣都)は、文蔵と向き合う決心をする。

詳細を見る
第4話 カラマーゾフの兄弟「三男・涼 奪われた我」
2013年2月2日 フジテレビ

涼(林遣都)は刑事(滝藤賢一)に「文蔵(吉田鋼太郎)の遺体を前にしても泣けない自分は何かが欠けている」と語りだす。2年前、文蔵の息子という境遇を苦しく感じていた涼は、教授の園田(小野寺昭)と出会う。子供時代は生育環境が大切だと知った涼は、園田に誰にも聞けなかった疑問を投げ掛ける。

詳細を見る
第3話 カラマーゾフの兄弟「長男・満 棄てられた犬」
2013年1月26日 フジテレビ

刑事(滝藤賢一)は長男・満(斎藤工)の過去に着目。母親に捨てられ、文蔵(吉田鋼太郎)にさげすまれて育った満の犯行を強く疑う。一方、満は恋人の加奈子(高梨臨)との出会いや、幼いころに勲(市原隼人)と交わした約束を回想する。さらに、バーで知り合った久留美(芳賀優里亜)との出来事を振り返る。

詳細を見る
第2話 カラマーゾフの兄弟「次男・勲 侵された魂」
2013年1月19日 フジテレビ

勲(市原隼人)ら3兄弟に、父・文蔵(吉田鋼太郎)殺しの事情聴取が始まる。勲は、学生時代の出来事からプライベートな事まで、踏み込んだ質問を重ねる刑事(滝藤賢一)に次第に不信感を抱いていく。そんな中、勲は母・詩織(安藤サクラ)との思い出や大学の同級生・加奈子(高梨臨)との出会いを振り返る。

詳細を見る
第1話 カラマーゾフの兄弟「汚れた血族」
2013年1月12日 フジテレビ

ドストエフスキーの同名小説が原作。父親殺しの容疑を掛けられた3兄弟の葛藤と生きざまを描く。黒澤家当主・文蔵(吉田鋼太郎)が殺害された。刑事(滝藤賢一)は、事件当日家に呼び出されていた3人の息子の犯行を疑う。だが、次男の勲(市原隼人)は「事件の発端は家の存在そのもの」と告げる。

詳細を見る

カラマーゾフの兄弟の出演者・キャスト

  • 市原隼人

    市原隼人
    黒澤勲役

  • 斎藤工

    斎藤工
    黒澤満役

  • No Image

    林遣都
    黒澤涼役

  • 高梨臨

    高梨臨
    遠藤加奈子役

  • 松下洸平

    松下洸平
    末松進役

  • 渡辺憲吉

    渡辺憲吉
    小栗晃一役

  • 安藤サクラ

    安藤サクラ
    黒澤詩織役

  • 芳賀優里亜

    芳賀優里亜
    吉岡久留美役

  • No Image

    滝藤賢一
    入江悟史役

  • 吉田鋼太郎

    吉田鋼太郎
    黒澤文蔵役

カラマーゾフの兄弟のスタッフ・作品情報

旺季志ずか
(脚本)
都築淳一
(演出)
佐藤源太
(演出)
村上正典
(演出)

カラマーゾフの兄弟のニュース

  • 吉田鋼太郎はリビングを「劇場化」する“芝居筋”の持ち主 挑戦し続ける60歳

    吉田鋼太郎はリビングを「劇場化」する“芝居筋”の持ち主 挑戦し続ける60歳

    2019/12/26 09:23

カラマーゾフの兄弟のニュース画像

  • 吉田鋼太郎はリビングを「劇場化」する“芝居筋”の持ち主 挑戦し続ける60歳
  • アイドルにとって“恋愛”は悪?「ジルコニアのわたし」

    オリジナルコミック連載!アイドルにとって“恋愛”は悪?「ジルコニアのわたし」

  • TOKYO MX特集

    “クセ強”番組多数!TOKYO MX特集

  • ぼる塾の酒寄さんちょっと聞いてくださいよ

    第14回公開!ぼる塾の酒寄さんちょっと聞いてくださいよ

  • BLUE ENCOUNT田邊駿一のドラマ語り!

    BLUE ENCOUNT田邊駿一のドラマ語り!

  • めざましプレゼンターに直撃!

    鈴鹿央士インタビュー掲載!めざましプレゼンターに直撃!

  • フレッシュ美男美女特集

    フレッシュ美男美女特集

もっと見る