耳をすませば

柊あおいの同名漫画をアニメ映画化。中学生の男女が織り成す淡い恋愛模様を、爽やかなタッチで描く。本が大好きな少女・雫はある日、図書館で借りた本の図書カードに「天沢聖司」という男子の名前を見つける。雫は自分と同じ本を読む聖司に淡い恋心を抱くが、実際の聖司は“嫌なヤツ”だった。監督は近藤喜文。