白夜

ドストエフスキーの同名小説を映画化。イタリアの港町に転勤してきたマリオは、運河の橋にたたずむ少女を見掛ける。彼女は1年前に別れた恋人を待ち続けていた。