ワンダー・ボーイズ

過去の栄光から抜け出せない中年作家が、人生の再出発を図る姿をコミカルにつづる。新作が書けず、私生活もトラブル続きのグラディは、天才的な文学青年と知り合う。