「元禄忠臣蔵・大石最後の一日」より 琴の爪

封建時代に生きる武士たちの苦悩を浮き彫りにした、真山青果の戯曲を映画化。赤穂浪士のひとり・磯貝十郎左衛門と、彼の死に殉じたおみのの悲恋を描く。