昼下りの情事 古都曼陀羅

京都を舞台に、老画家と若者、それぞれの愛憎を描く。銀行に勤める峰雄は、見合いの相手で老画家の養女のみな子と愛し合うが、老画家と養女には肉体関係があった。