ル・アーヴルの靴みがき

北フランスの港町に暮らす庶民の哀歓を描く人情ドラマ。妻や愛犬と穏やかに暮らす靴磨きのマルセルは、アフリカから来た密航者の少年イドリッサと知り合い、彼をかくまうことになる。