閉じる

100分de名著

ドキュメンタリー/教養

2011年3月30日スタート 毎週月曜夜10:25/NHK Eテレ

古今東西の名著の中から一冊を取り上げ、25分×4回、つまり100分で読み解いていく。プレゼン上手なゲストによる分かりやすい解説に加え、アニメーション、紙芝居、コントなど、あの手この手の演出を駆使して、奥深い“名著”の世界に迫る。

  • キャスト・キャラクター

  • ニュース

100分de名著の放送内容

100分de名著 ボーヴォワール“老い”(2)「老いに直面した人びと」
2021年7月5日 NHK Eテレ

詳細を見る
100分de名著 ボーヴォワール“老い”(4)「役に立たなきゃ生きてちゃいかんか!」
2021年7月19日 NHK Eテレ

老いても尊厳のある生き方ができる社会について考える。各国の制度や高齢者施設の在り方を調べたボーヴォワールは、「老いた人をどう処遇するかで社会の姿が分かる」と言い、現行の制度では人間の尊厳は踏みにじられていると批判。人間が尊厳を持って老い、死ぬことができるために必要なことを探った。

詳細を見る
100分de名著 ボーヴォワール“老い”(3)「老いと性」
2021年7月12日 NHK Eテレ

40代で年下の男性と恋に落ちたボーヴォワールの視点から、ポジティブな「老人の性」の在り方を考える。フェミニストでもあるボーヴォワールは、「老人は純潔であるべき」という道徳に対し異議を唱える。階級、ジェンダー、生物学的な見地から分析し、老人に対するステレオタイプの決め付けを否定した。

詳細を見る
100分de名著 ボーヴォワール“老い”(2)「老いに直面した人びと」
2021年7月5日 NHK Eテレ

著名人の老いの姿を通して、「老い」をさらけ出して生きることの大切さを考える。ボーヴォワールは、作家やアインシュタインら科学者などが老いによって創造性や判断力を失っていく姿を容赦なく描き出した。一方90歳近くになっても敢然と平和運動に取り組む哲学者・ラッセルら、肯定的な老いの姿も描いていた。

詳細を見る
100分de名著 ボーヴォワール“老い”(1)「老いは不意打ちである」
2021年6月28日 NHK Eテレ

「老いは文明のスキャンダルである」と語るボーヴォワールの視点から、人類にとって老いとは何かを考える。ボーヴォワールは「老い」の中で、老人は社会から疎外された存在であると説く。本作が書かれた1970年代、消費社会が極まり、生産性のない老人は疎外されたが、それについて全く語られていなかった。

詳細を見る
100分de名著 レイ・ブラッドベリ“華氏451度”(4)「“記憶”と“記録”が人間を支える」
2021年6月21日 NHK Eテレ

「記録すること」と「記憶すること」が人間にとっていかに大切か、そしてそれをないがしろにする社会がいかに貧しいのかを考える。密告によって自宅の本の焼却に向かうモンターグは、追い詰められて逃走し、ある場所にたどり着く。そこでは人類にとって最後の希望「記憶」のかけがえのなさが描かれている。

詳細を見る
100分de名著 レイ・ブラッドベリ“華氏451度”(3)「自発的に隷従するひとびと」
2021年6月14日 NHK Eテレ

登場人物たちの言葉を通して、人間が自発的に思考の自由を手放し、効率化やスピード化に身を任せ、権力に盲従していくことの恐ろしさを考える。焼死した老女を忘れられないモンターグに、隊長・ベイティーは「考えて苦しむくらいなら本など読まない方がまし。私たちは幸福な生活を守っている」とハッパを掛ける。

詳細を見る
100分de名著 レイ・ブラッドベリ“華氏451度”(2)「本の中には何がある?」
2021年6月7日 NHK Eテレ

本を燃やす「ファイヤマン」という仕事に従事する主人公・モンターグは、本と共に焼死することを選んだ老女の姿を見て動揺する。第2回は、「知」や「思考する力」を決して手放さず、命懸けでそれを守ろうとする人たちの姿を通して、人間にとって「知」や「思考」がいかにかけがえのないものかを考察していく。

詳細を見る
100分de名著 レイ・ブラッドベリ“華氏451度”(1)「本が燃やされるディストピア」
2021年5月31日 NHK Eテレ

詳細を見る
100分de名著 三島由紀夫“金閣寺”(4)「永遠を滅ぼすもの」
2021年5月24日 NHK Eテレ

金閣寺放火を決行した主人公の溝口は、燃える金閣寺を見ながら生きることを決意。第4回は、溝口による金閣寺放火の動機やその行為の意味を明らかにすることで、三島由紀夫が戦後社会に対して何を成そうとしていたのか、また最終的に自決を選んだ理由に迫り、私たちにとっての「戦後」の意味を考える。

詳細を見る
100分de名著 三島由紀夫“金閣寺”(3)「悪はいかに可能か」
2021年5月17日 NHK Eテレ

主人公・溝口は住職が読む新聞に愛人の芸妓の写真を忍ばせるが、住職の振る舞いは変わらず、黙殺される。その後、初めての女性との行為で快感に達するが、虚無感は消えない。朝鮮戦争勃発の知らせに世界の破滅を予感した溝口は、金閣寺放火を決意。三島由紀夫が直面した戦後社会の矛盾や困難に迫る。

詳細を見る
100分de名著 三島由紀夫“金閣寺”(2)「引き裂かれた魂」
2021年5月10日 NHK Eテレ

主人公・溝口は、足の障害を利用して女性の関心を集めては関係を持つ友人・柏木に影響を受ける。認識によるニヒリズムこそが人間を解放すると説く柏木に共感する溝口だが、女性と関係を持とうとするたびに金閣が眼前に現れ、行為を阻まれる。そんな溝口を通して、人間は虚無感を超えて生きられるのかを考える。

詳細を見る
100分de名著 三島由紀夫“金閣寺”(1)「美と劣等感のはざまで」
2021年5月3日 NHK Eテレ

吃音のある主人公・溝口は「金閣寺ほど美しいものは地上にはない」と父親に教わる。「心象の金閣」の美を膨らませた溝口だが、本物の金閣寺を見て激しく幻滅。しかし、次第に溝口は、戦火によって「滅びゆくもの」として金閣寺に深い一体感を感じる。第1回は、美と劣等感の間で引き裂かれる人間の性に迫る。

詳細を見る
100分de名著 渋沢栄一“論語と算盤”(4)「対極にあるものを両立させる」
2021年4月26日 NHK Eテレ

「公益」と「私利」などの対極にある価値観を融和し、協調させる渋沢栄一の思考法に迫る。渋沢は、孔子の「論語」を大胆に読み替え、私利追求に資本主義のエンジンとしての役割を認める。一方、「信用」や「公益」といった価値を示す「論語」的な理念も据えることで、「経済合理性」のみの価値観の弱点を取り除こうと考える。

詳細を見る
100分de名著 渋沢栄一“論語と算盤”(3)「“合本主義”というヴィジョン」
2021年4月19日 NHK Eテレ

「合本主義」システムを導入しようとした渋沢栄一。この構想の軸となるのは「金融の整備」や「インフラの整備」「産業の担い手になる人材育成」で、ここから学んだ渋沢は、「公益」という目的を達成するため、人材と資本を集め事業を推進する「合本主義」という理念を考案。渋沢が構想した「合本主義」をひもとく。

詳細を見る
100分de名著 渋沢栄一“論語と算盤”(2)「“信用”で経済をまわせ」
2021年4月12日 NHK Eテレ

明治時代、日本人は目先の利益を追うことに狂奔し、商業道徳が荒廃していた。そこで渋沢栄一は「実業と道徳の一致の必要性」を説いた。そこには、西欧の金融機関や株式会社が「信用」を媒介にして回っているという事実から学んだ教訓がある。拝金主義に陥りがちな資本主義の暴走のブレーキとなるものを探る。

詳細を見る
100分de名著 渋沢栄一“論語と算盤”(1)「高い志が行動原理を培う」
2021年4月5日 NHK Eテレ

若き日の渋沢栄一は、信念が定まらない人間と見られることもあったが、確かな行動原理があったという。「倒幕」や「攘夷」は、強くて繁栄した日本をつくるための手段に過ぎず、だからこそより有効なものが見つかれば、柔軟にそちらに切り替えることができた。柔軟でしなやかな行動原理を生む高い志の大切さを学ぶ。

詳細を見る
100分de名著 100分de災害を考える(4)「池田晶子“14歳からの哲学”」
2021年3月22日 NHK Eテレ

震災から復興へと思いを巡らすとき、私たちは「考える力」という足元を見つめ直さざるを得ない。哲学者・池田晶子にとって、真の意味で「考える」とは自己の中に眠る「真理」を見いだすこと。私たちは未来をどう思い描けばよいのか、そのとき真に「考える」という営みが何をもたらしてくれるのかを探る。

詳細を見る
100分de名著 100分de災害を考える(3)「セネカ“生の短さについて”」
2021年3月15日 NHK Eテレ

哲学者のセネカは、死はしばしば前触れなく訪れ、その足音が聞こえてきたとき、人は初めて自分の人生が限られたものであると気付くと記した。多くの人たちは「時」の真価を知らないまま生きている。セネカの思考を通して「生」のはかなさを見つめ、計量できない質的な時間を取り戻すことの大切さを考える。

詳細を見る
100分de名著 100分de災害を考える(2)「柳田国男“先祖の話”」
2021年3月8日 NHK Eテレ

民俗学者の柳田国男は、東京大空襲のさなかで「死者」について思索した。日本古来の死生観を掘り起こしながら執筆した「先祖の話」では、死者はあの世で暮らすのではなく、死後も生者たちとの新しい関係の中で「生き続ける」と考察している。災害で失った死者と私たちはどう向き合っていけばよいかを考える。

詳細を見る
もっと見る

100分de名著の出演者・キャスト

  • 伊集院光

    伊集院光
    (司会)

  • No Image

    安部みちこ
    (司会)

100分de名著のニュース

  • 3月の「100分de名著 司馬遼太郎スペシャル」の講師役を務める歴史学者の磯田道史

    「武士の家計簿」の磯田道史が、司馬遼太郎作品を語る

    2016/02/23 06:00

100分de名著のニュース画像

  • 3月の「100分de名著 司馬遼太郎スペシャル」の講師役を務める歴史学者の磯田道史
  • 塩野瑛久の「今日はこれ作ろう」

    レタスクラブ連動の料理企画が始動!塩野瑛久の「今日はこれ作ろう」

  • 第108回ザテレビジョンドラマアカデミー賞

    まだまだ投票受付中!第108回ザテレビジョンドラマアカデミー賞

  • CM GIRL CLIPS

    毎週水曜更新!CM GIRL CLIPS

  • 特集:クリエイターズ・ファイル

    #74更新!特集:クリエイターズ・ファイル

  • 【総力特集】ドラマセレクション

    出演者インタビューや原作も紹介!【総力特集】ドラマセレクション

  • 大注目の俳優・中村倫也の魅力をCloseUp

    大注目の俳優・中村倫也の魅力をCloseUp

もっと見る