俳優 亀岡拓次

戌井昭人の同名小説を映画化したラブロマンス。撮影現場と酒屋を行き来する地味な日々を送る脇役俳優の亀岡。彼はある夜、ロケのため訪れた長野県で立ち寄った居酒屋の若女将に恋をする。東京に戻り、独身だと思っていた俳優仲間が結婚していたことに焦りを感じた彼は、この恋を成就させようと奔走する。