閉じる

オクニョ 運命の女(ひと)

ドラマ

16世紀半ばの朝鮮王朝時代を舞台に、天賦の才を持つ少女・オクニョの半生を描く歴史ドラマ。16世紀半ばの朝鮮王朝時代、刺客に襲われた妊婦が監獄に逃げ込み、女児を出産後に命を落とす。オクニョと名づけられ、監獄で育てられたその少女には天賦の才があった。囚人たちから教わる法や易経などの知識や明の言葉を次々と身につけていき、成長したオクニョは、母の死の謎を追う中で、国を揺るがす陰謀に巻き込まれていく。

  • キャスト・キャラクター

  • ニュース

  • 放送情報

オクニョ 運命の女(ひと)のあらすじ

オクニョ 運命の女(ひと)「#51」

オクニョ(チン・セヨン)とユン・テウォン(コ・ス)は王・明宗とともに朝廷にはびこるユン・ウォニョン派の一掃を開始し、次々と敵を捕まえる。2人はユン・ウォニョンの屋敷を襲撃し、ユン・ウォニョンとチョン・ナンジョンを捜す。オクニョたちの反撃で窮地に陥ったユン・ウォニョンとチョン・ナンジョンは、地方の仲間に連絡し挙兵を計画するが…。

詳細を見る
オクニョ 運命の女(ひと)「#50」

明宗に譲位を宣言され、ショックで倒れた文定大妃。やがて危篤状態になり、知らせを受けた明宗が駆けつける。兵に追われ隠れ家に逃げ込んだオクニョ(チン・セヨン)とユン・テウォン(コ・ス)。大妃の策略により、逆賊に仕立て上げられていると知る。その間も、明宗やオクニョの仲間たちは次々と捕まり、ソン・ジホンたちは拷問を受け、謀反の企てを自白するよう迫られていた。

詳細を見る
オクニョ 運命の女(ひと)「#49」

文定大妃に拘束されたオクニョ(チン・セヨン)。明宗は、オクニョを助けたければ、ユン・ウォニョン(コ・ス)とチョン・ナンジョンを釈放するよう大妃から交換条件を突きつけられ悩んでいた。オクニョが自分と引き換えに、ユン・ウォニョンたちが釈放されることなど望むわけがない。明宗とユン・テウォンたちは必死にオクニョの行方を捜すが見つからず、ついにユン・テウォンは明宗にあることを告げる。

詳細を見る
オクニョ 運命の女(ひと)「#48」

オクニョ(チン・セヨン)は山道で、彼女を始末するよう命じられたユン・ウォニョン(コ・ス)の手下たちに待ち伏せされる。だが、事前に情報を得ていたオクニョの合図で、味方の私兵が現れ迎え撃つ。典獄署に収監されたイ・ミョンホンへの差し入れに毒が盛られていたが、先に盗み食いをした役人が死んでしまう。明宗はユン・テウォンに会いに行き、前王の暗殺を企てたユン・ウォニョンらを断罪する決意を伝え、協力を求める。

詳細を見る
オクニョ 運命の女(ひと)「#47」

ユン・テウォン(コ・ス)はオクニョ(チン・セヨン)が王女と知り戸惑う。オクニョは、これまでと同様に接してほしいと頼むが…。イ・ミョンホンを捕らえたユン・ウォニョンとチョン・ナンジョンだが、オクニョの父親が先々代の王なのかどうか聞きだせずにいた。ユン・ウォニョンはイ・ミョンホンがかつて女官を連れて逃亡したという事実と、敵対する一派のカン・ソノがかくまっていたことを利用し、明の使者の件で不利になった形勢を逆転しようと考える。

詳細を見る
オクニョ 運命の女(ひと)「#46」

オクニョ(チン・セヨン)の前に、かつて密偵の仲間だったチョン・ナンジョンの手下が現れる。ユン・テウォン(コ・ス)はオクニョに会い、明宗から彼女を守るよう命じられたことを告げるが、迷いがあることを打ち明ける。それを聞いたオクニョは…。チョン・ナンジョンは、オクニョが王女かもしれないと疑い、真相を知る元護衛官を捜しだすことにする。ソン・ジホンは明宗の後継者にふさわしい者を探しだそうとする。

詳細を見る
オクニョ 運命の女(ひと)「#45」

明宗が意識を取り戻し、オクニョ(チン・セヨン)は喜ぶ。そこに文定大妃が向かっているとわかるが、オクニョが部屋を出る時間はない。意識が戻っていないふりをする明宗の枕元で、大妃が先王の毒殺を図ったことについて語りだす。罪人の弁護をしたユン・テウォン(コ・ス)だが、裁きを侮辱したとして投獄される。オクニョは、その裏にチョン・ナンジョンがいると知り心配する。

詳細を見る
オクニョ 運命の女(ひと)「#44」

明宗が倒れる。すぐに駆けつけた文定大妃は、3日のうちに意識が戻らねば危険だと主治医から告げられる。明宗には子どもがいないため、ユン・ウォニョン(コ・ス)は、自分たちに都合のよい、王位継承者を決めておこうと動きだす。一方、明宗が危篤だと知ったオクニョ(チン・セヨン)は…。

詳細を見る
オクニョ 運命の女(ひと)「#43」

オクニョ(チン・セヨン)は、文定大妃に呼び出され、1人で大妃のもとへ向かう。その知らせを聞いたカン・ソノは、万が一に備えて配下の者を集めるように指示。そこにやってきたソン・ジホンが、カン・ソノがオクニョのことを「王女様」と呼んでいるのを耳にする。オクニョが王女とは知らない明宗は、彼女を守るためにもやはり側室として迎えたいと考える。返事を求められたオクニョは…。

詳細を見る
オクニョ 運命の女(ひと)「#42」

国王に会うために王宮にやってきたオクニョ(チン・セヨン)は、明宗の顔を見て驚く。オクニョは、明との国境で起きた事件をめぐる問題で、捕らえられたソン・ジホンたちを助け、明宗を危機から救う策があると伝える。明宗を支える一派を排除しようとたくらむユン・ウォニョン(コ・ス)はひそかに明の使者と会い、明宗が要求をのむように出兵すると脅すことを提案。そして、対決すべくやってきたユン・ウォニョンと明の使者に対し、明宗は…。

詳細を見る
オクニョ 運命の女(ひと)「#41」

オクニョ(チン・セヨン)は自分が王女であることを知るが、文定大妃らに対抗する力をつけるまでは、身分を隠しておくことにする。一方でオクニョは自らチョン・ナンジョンに会いに行き、自分が生きていることを知らしめて宣戦布告。オクニョから看病の礼を言われたユン・テウォン(コ・ス)は…。国境で起きた明とのトラブルを利用しようとたくらむユン・ウォニョンは、明の使者との交渉役を明宗に申し出る。

詳細を見る
オクニョ 運命の女(ひと)「#40」

刺客に襲われ意識不明の重体のオクニョ(チン・セヨン)。明宗は、オクニョを見舞いに行こうとするが…。ユン・テウォン(コ・ス)は目覚めぬオクニョに昼夜付き添い看病していた。文定大妃とユン・ウォニョンは、明との国境で起きた事件を利用して、敵対する一派を排除しようとたくらむ。オクニョが実は王女であることを知る元護衛官が、オクニョの母が身ごもり、殺されたいきさつを語る。

詳細を見る
オクニョ 運命の女(ひと)「#39」

オクニョ(チン・セヨン)を守る方法を考えている明宗は、密使を装ってオクニョを呼び出す。王宮殿の女官にならないかと誘い、王の側室になれるかもしれないと告げる。その提案を受け、オクニョはある思いを打ち明ける。カン・ソノはオクニョの亡くなった母のことを知る元護衛官にオクニョの父親について尋ねる。オクニョの邪魔に我慢できなくなったチョン・ナンジョンは、夫に内緒でオクニョを殺すべく刺客を放つ。

詳細を見る
オクニョ 運命の女(ひと)「#38」

文定大妃の使いに呼ばれたオクニョ(チン・セヨン)を待っていたのは、大妃ではなく、ユン・ウォニョン(コ・ス)とチョン・ナンジョンだった。明宗がオクニョに会っていると知ったユン・ウォニョンは、2人の密会を利用しようと企んでいた。オクニョは呼び出した理由を問う。明宗はユン・ウォニョンから、妙なウワサが広がっていると言われる。ユン・テウォンは父ユン・ウォニョンからオクニョとの関係を聞かれ…。

詳細を見る
オクニョ 運命の女(ひと)「#37」

養父を救うためのオクニョ(チン・セヨン)の弁護で、被害者の検視のやり直しが命じられる。自分たちの犯行が明らかになるのを恐れたミン・ドンジュは、抱き込んだ検視係と証人の口を封じるよう手下に命じる。明宗は弁護をした人物が何者か調べるよう部下に命じる。オクニョの活躍を見たユン・テウォン(コ・ス)は、弁護する人たちの育成を決意。文定大妃は、対立する明宗との新たな闘いを覚悟する。

詳細を見る
オクニョ 運命の女(ひと)「#36」

オクニョ(チン・セヨン)は養父チ・チョンドクの無実を証明するため、自ら罪人の弁護を行う外知部になろうと決める。外知部は十数年前に都から追われ、今ではみかけなくなっていた。同じころ、ユン・テウォン(コ・ス)もチ・チョンドクのため、残っている外知部がいないか捜していた。一方、明宗の昭格署廃止の命令に、文定大妃とユン・ウォニョンたちが猛反対する。

詳細を見る
オクニョ 運命の女(ひと)「#35」

オクニョ(チン・セヨン)の養父チ・チョンドクが殺人のぬれぎぬを着せられ捕らえられる。オクニョが殺された人物を調べると、その人物がチョン・ナンジョンの金を管理していたことが判明。チ・チョンドクは不利な状況に追い込まれ自白を迫られる。文定大妃から髪飾りのことを聞かれたオクニョは、誰の物かは分からないとウソをつくが…。ソン・ジホンは大妃の一派の力を弱めるため、明宗にある提案をする。

詳細を見る
オクニョ 運命の女(ひと)「#34」

突然オクニョ(チン・セヨン)に会いに来た王の密使は、動きを見張られているので、今後は会い方を変えねばならないと告げる。オクニョは密使に、ユン・ウォニョンが母を殺した理由はわかったかどうか、尋ねる。カン・ソノはオクニョの母のことを調べ、亡くなる前にあることを言い残していたとわかる。髪飾りが典獄署にあったと知った文定大妃は、オクニョを呼ぶよう命じる

詳細を見る
オクニョ 運命の女(ひと)「#33」

オクニョ(チン・セヨン)は、なぜ話をしてくれないのかと問うユン・テウォン(コ・ス)に、母を殺したのが彼の父ユン・ウォニョンだからだと告げる。ユン・テウォンは妓楼で酒を飲んでいた明宗に会う。文定大妃が明宗を尾行させていることを話し、オクニョが危険なので彼女と会うのは控えてくれと頼む。酒で酔った明宗は大妃のところに行き…。オクニョは小さな商団を取り込む計画を着々と進める。

詳細を見る
オクニョ 運命の女(ひと)「#32」

オクニョ(チン・セヨン)は王の密使から、チョン・ナンジョンが政治上の取り引きで放免になったと聞き、ユン・ウォニョンとチョン・ナンジョンがいかに強敵かを思い知る。オクニョは母が東宮殿の女官で、一緒に仕えていた女官全員が謎の死を遂げていることを明宗に話す。宮廷に戻った明宗は、お付きの女官、ハン尚宮を呼び、東宮殿の女官たちが死んだ理由を知っているか尋ねる。

詳細を見る
もっと見る

オクニョ 運命の女(ひと)の出演者・キャスト

  • No Image

    チン・セヨン
    オクニョ役

  • No Image

    コ・ス
    ユン・テウォン役

  • No Image

    ソ・ハジュン
    明宗役

  • No Image

    チェ・テジュン
    ソン・ジホン役

オクニョ 運命の女(ひと)のニュース

  • 韓国で大ヒットしたメディカルヒューマンドラマ「胸部外科」が、いよいよ9月15日(火)よりBS初放送!

    「オクニョ 運命の女」のコ・ス、「愛の不時着」のソ・ジヘらが共演!  韓国ドラマ「胸部外科」が9月15日(火)よりスタート

    2020/09/15 05:00
  • 6月18日(日)に特別番組「オクニョ 徹底ガイド」が放送される

    実力派若手女優、チン・セヨンに注目!

    2017/06/14 10:53

オクニョ 運命の女(ひと)のニュース画像

  • 韓国で大ヒットしたメディカルヒューマンドラマ「胸部外科」が、いよいよ9月15日(火)よりBS初放送!
  • 6月18日(日)に特別番組「オクニョ 徹底ガイド」が放送される

オクニョ 運命の女(ひと)の放送情報

  • チバテレ
    2021年7月26日(月) 朝9:30
  • 塩野瑛久の「今日はこれ作ろう」

    レタスクラブ連動の料理企画が始動!塩野瑛久の「今日はこれ作ろう」

  • フレッシュ美男美女特集

    増子敦貴、恒松祐里が登場!フレッシュ美男美女特集

  • ドラマ「ボクの殺意が恋をした」SP特集

    スリリングラブコメディ!ドラマ「ボクの殺意が恋をした」SP特集

  • 第108回ザテレビジョンドラマアカデミー賞

    まだまだ投票受付中!第108回ザテレビジョンドラマアカデミー賞

  • ぼる塾の酒寄さんちょっと聞いてくださいよ

    ぼる塾の酒寄さんちょっと聞いてくださいよ

  • 【総力特集】ドラマセレクション

    出演者インタビューや原作も紹介!【総力特集】ドラマセレクション

もっと見る