でーれーガールズ

原田マハの同名小説を映画化した青春ドラマ。1980年、岡山。東京から転校してきた佐々岡鮎子は、標準語をからかわれ、クラスに馴染めずにいた。そんなある日、鮎子は憧れの大学生ヒデホを主人公にした自作の恋愛マンガを、クラスメイトの秋本武美に見られてしまう。武美は鮎子の漫画を面白いと褒め、それ以来二人は親しくなっていくが、ある出来事をきっかけに仲たがいしてしまう。30年後、売れっ子漫画家となった鮎子は、講演会のため岡山へ戻ってくると、母校で教員となっていた武美と再会を果たす。