王の運命 歴史を変えた八日間

朝鮮国王が息子を米びつに入れ、死に至らしめたという史実“米びつ事件(壬午士禍)”に基づく歴史ヒューマンドラマ。朝鮮の第21代国王・英祖は、40歳を過ぎて生まれた息子・世子を自分と同じく学問と礼法に秀でた王位継承者に育てあげようとする。だが、王の期待とは裏腹に、世子は芸術や武術を好む自由奔放な青年へと成長。息子への期待を裏切られた英祖は怒りと失望を抱き、世子もまた、親子として接することのない王に憎悪の念を募らせ、お互いの溝は次第に深まっていく。やがて英祖が世子を米びつに入れて監禁する“米びつ事件”が起こり、水すら与えられない世子は次第に衰弱していく。