ザテレビジョンがおくるドラマアカデミー賞は、国内の地上波連続ドラマを読者、審査員、TV記者の投票によって部門別にNo.1を決定する特集です。

最優秀作品賞から、主演・助演男女優賞、ドラマソング賞までさまざまな観点からドラマを表彰します。

第102回ザテレビジョンドラマアカデミー賞主演男優賞 受賞インタビュー

(C)日本テレビ

田中圭

自分の中での代表作を更新してくれました!

受賞の感想をお聞かせください
主演男優賞は狙っていたわけではありませんが、願わくば、翔太でこの賞を取りたいと思っていました。冷静に考えると翔太は、底抜けにいい人なのに、本当にひどい目にしか遭っていなくて、僕もとても感情移入していました。皆さんもそうだったのかなと思うと、「翔太、良かったな」と感じます。

撮影中は、2クール放送という挑戦的な作品の現場に、座長としていられることがうれしかったです。その上(原田)知世さんと一緒だったのでとても心強く、プレッシャーはあまり感じませんでした。知世さんはとんでもない癒やしのオーラをまとった人で、一緒にいていつも幸せでした。天然ボケもさく裂させてくださって、本当に、翔太が菜奈ちゃんといるときの「楽しい」とか、「幸せ」とか、「大好き」といった感情を、僕自身も知世さんからいただいていました。後半の相棒だった(横浜)流星は、実際に会うと、とてもしっかりしていて、それでいておっちょこちょいのかわいいところもあって。空手が強い、わんぱくで童心を忘れない、すてきで立派な男でした。お芝居が大好きだというのもしっかり伝わってくるし、撮影中もたくさん遊んでくれたので大好きです(笑)。また一緒にお仕事したり、プライベートでもお付き合いしたりしたいです。

長期間の撮影だったので印象深いシーンは多くありますが、中でも(翔太と菜奈の出会いからプロポーズまでが描かれた)特別編は特に印象深いです。それから、個人的にラスト直前でどーやん(横浜)に首を絞められたことは、今でも根に持っています(笑)。この作品は、自分の中で、代表作としての「おっさんずラブ」(2018年テレビ朝日系)を更新してくれました。常に「新しい作品が代表作です」と言えるように頑張ろうと思っているので、今はまた、『おっさんずラブ-in the sky-』(テレビ朝日系)が代表作です、と言えるようにみんなで頑張ります!

第102回ザテレビジョンドラマアカデミー賞受賞インタビュー一覧

視聴熱12月13日デイリーランキング
ドラマ
バラエティー

【PR】オススメ情報