ザテレビジョンがおくるドラマアカデミー賞は、国内の地上波連続ドラマを読者、審査員、TV記者の投票によって部門別にNo.1を決定する特集です。

最優秀作品賞から、主演・助演男女優賞、ドラマソング賞までさまざまな観点からドラマを表彰します。

第107回ザテレビジョンドラマアカデミー賞脚本賞

  • 1

    宮藤官九郎

    俺の家の話TBS系

    新しい題材に挑んだ宮藤官九郎が最多受賞記録を更新
    撮影=石塚雅人

    新しい題材に挑んだ宮藤官九郎が最多受賞記録を更新

    「俺の家の話」の宮藤官九郎が12回目の受賞。「能や介護という難しい題材を宮藤官九郎らしく昇華」「意外な結末、見事な伏線回収。長瀬とのタッグをまた見たい」と圧倒的に支持された。

    2位は「天国と地獄 ~サイコな2人~」の森下佳子で、「緻密な構成で非現実的な入れ替わり劇を成立させた」点に注目が集まった。3位に「麒麟がくる」の池端俊策ら。「天皇から将軍、武将と家臣、庶民まで、それぞれの正義を描いた」と評価された。

    受賞者インタビュー

    企画段階から、最終話の締め方は決めていました(宮藤官九郎)

    第107回 ドラマアカデミー賞 脚本賞 受賞インタビュー
    (C)TBS
    Q 受賞の感想をお聞かせください。
    今回は脚本賞だけでなく、作品賞、主演男優賞、監督賞も取れたことがうれしいです。このドラマの企画段階から、最終話を「これが、俺のいない、俺の家の話だ」という寿一のナレーションで締めることは決めていました。

第107回ザテレビジョンドラマアカデミー賞受賞一覧

【PR】オススメ情報