ザテレビジョンがおくるドラマアカデミー賞は、国内の地上波連続ドラマを読者、審査員、TV記者の投票によって部門別にNo.1を決定する特集です。

最優秀作品賞から、主演・助演男女優賞、ドラマソング賞までさまざまな観点からドラマを表彰します。

第85回ザテレビジョンドラマアカデミー賞主演男優賞

  • 佐藤健の努力に称賛 接戦を制し1位を奪取!

    作品賞に続き、主演男優賞も各票で1位が分かれたが、佐藤健が僅差で相葉雅紀を抑え1位に。佐藤は「代役なしの見事な包丁さばきで、その努力だけでも大拍手」、相葉には「人柄が投影されたような優しい人物を自然体で演じていた」という賛辞が。また、3位は記憶を失う前後で実質2役を演じ切った木村拓哉。

    【役どころへの評価】
    天皇の料理番まで上り詰めた秋山篤蔵役。周囲から「のく蔵」と呼ばれるほどのやっかい者だったが、料理に出合い、のめり込んでいく。料理シーンも吹き替えなしで、自ら挑み、華麗な包丁さばきを披露。16歳から、料理番を退く85歳まで69年間の半生を演じ切った。

  • 気弱なデザイナー・倉田健太役。温厚で思ったことを言えない性格だったが、ストーカー被害を受け、家族を守るために成長していく姿を好演。〝名無しさん〟の赤崎(市川猿之助)に立ち向かうりりしい表情も話題に。

  • 3

    木村拓哉

    アイムホームテレビ朝日系

    爆発事故に巻き込まれて5年間の記憶をなくした家路久役。野心家で冷徹な過去の久と、料理上手で家族を思いやる優しい久を見事に演じ分けた。仮面に見える妻子への対応に困惑する姿も人間らしく表現した。

第85回ザテレビジョンドラマアカデミー賞受賞一覧

【PR】オススメ情報