ザテレビジョンがおくるドラマアカデミー賞は、国内の地上波連続ドラマを読者、審査員、TV記者の投票によって部門別にNo.1を決定する特集です。

最優秀作品賞から、主演・助演男女優賞、ドラマソング賞までさまざまな観点からドラマを表彰します。

第84回ザテレビジョンドラマアカデミー賞主演男優賞

  • 1

    芝居の幅が広がった草彅剛が1位を奪取!

    TV記者と審査員で1位を獲得した草彅剛が、生田斗真とのジャニーズ対決を制した。草彅には「怒り、狂気の芝居はもちろん、一番グッときたのは泣き崩れた梢(木村文乃)を優しく支えたときの色気」と絶賛の声が届いた。また生田も「アクションも、覚醒したときの気迫の芝居がすごかった」「スイッチが入ったときのイクオの目が、優しいときとのギャップに感服」と高評価。3位は、実在の人物を丁寧に演じ切った玉山鉄二に。

    【役どころへの評価】
    自殺した父の多額の借金をかぶり、全てを失った元エリート証券マン・白石富生役。富生の復讐への思いを恨みのこもった眼力などで、見事に表現。また、普段はポーカーフェースの富生が、感情を爆発させるシーンは非常に気迫やすご味があり、視聴者を引き込んだ。

  • 新宿警察署刑事課所属の刑事・龍崎イクオ役。普段は間の抜けた言動で、さえないが、検挙率は署内でナンバーワン。激しいアクションを自身でこなし、竜哉や相棒の美月(上野樹里)に見せる優しい表情と金時計の男を追うときの狂気に満ちた表情を巧みに使い分けた。

  • 国産ウイスキーを造るために人生を懸けた〝マッサン〟こと政春役。エリーを愛し続け、夢を実現させるまでの男の熱い人生を、奇をてらわない自然な演技で演じ切った。政春が失業し、「ダメ男」ぶりを発揮した展開では、アンチ政春派が増えたことも。

第84回ザテレビジョンドラマアカデミー賞受賞一覧

【PR】オススメ情報