ザテレビジョンがおくるドラマアカデミー賞は、国内の地上波連続ドラマを読者、審査員、TV記者の投票によって部門別にNo.1を決定する特集です。

最優秀作品賞から、主演・助演男女優賞、ドラマソング賞までさまざまな観点からドラマを表彰します。

第87回ザテレビジョンドラマアカデミー賞最優秀作品賞

  • 1

    熱い男たちの物語に涙!

    審査員票、TV記者票で「勧善懲悪のストーリーが気持ちよかった」などと高評価を集めた「下町ロケット」が圧勝。2位は、出産や乳児医療の現場をリアルに、かつ、温かく描いた「コウノドリ」。3位には、松坂桃李や菜々緒のアクションも話題となった「サイレーン 刑事×彼女×完全悪女」に決定。

    【ドラマへの評価】
    池井戸潤の同名小説のドラマ化。いくつもの困難を乗り越えながら、夢を諦められなかった佃(阿部寛)と佃を支える人々の奮闘を描く。「半沢直樹」('13年TBS系)のスタッフが集結し、2部構成で重厚感のある〝男の情熱〟をスカッとする展開で存分に見せつけた。
    原作=池井戸潤/脚本=八津弘幸ほか/演出=福澤克雄ほか/出演=阿部寛、土屋太鳳、吉川晃司、杉良太郎ほか

  • 2

    リアルに描かれた〝小さな命〟に関わる奇跡の物語

    【ドラマへの評価】
    鈴ノ木ユウの同名マンガのドラマ化。鴻鳥サクラ(綾野剛)ら産婦人科医にフォーカスを当て、「生まれてきたことの意味」「命を授かる奇跡の素晴らしさ」と、〝命が誕生する現場〟に関わる人々を描くヒューマンドラマ。一話一話丁寧にリアルに描かれた医療シーンは感動を呼んだ。
    脚本=山本むつみほか/演出=土井裕泰ほか/出演=綾野剛、松岡茉優、吉田羊、星野源、大森南朋ほか

  • 恋人同士の機動捜査隊員VS最〝狂〟悪女

    【ドラマへの評価】
    恋人同士の機動捜査隊員が、美しい殺人鬼に運命を狂わされていくさまを描いた。アクションや恋人ならではのシーンも交え、毎話テンポ良く展開。マンガ原作ながらラストはオリジナルの展開で完結し、最後まで予想がつかないドラマに。松坂桃李や菜々緒のアクションが光った。
    出演=松坂桃李、木村文乃、菜々緒、北山宏光、要潤、山口紗弥加、光石研、大杉漣、船越英一郎ほか

第87回ザテレビジョンドラマアカデミー賞受賞一覧

【PR】オススメ情報