ザテレビジョンがおくるドラマアカデミー賞は、国内の地上波連続ドラマを読者、審査員、TV記者の投票によって部門別にNo.1を決定する特集です。

最優秀作品賞から、主演・助演男女優賞、ドラマソング賞までさまざまな観点からドラマを表彰します。

第87回ザテレビジョンドラマアカデミー賞助演男優賞 受賞インタビュー

吉川晃司

「ありがとうございます。大変うれしいです。 受賞に恥じぬよう、今後とも精進いたします」(吉川晃司)

「もともと、格好良くて憧れていた方ですが、吉川晃司さんの意志の強さや集中力が、財前道生の意志の強さみたいなものに通じるような感じがして出演をお願いしました。

原作の中でも人気のあるキャラクターである財前を、リアルな人物にするのに、吉川さんご自身もいろいろとお芝居の組み立て方を考えてくださったと思いますし、福澤の演出ともうまくかみ合ったという感じもしました。阿部さんが演じる佃と敵対している中で、やがて友情が芽生えるという2人の関係は心を奪われました」(伊與田英徳P)

下町ロケット(阿部寛主演)

池井戸潤の同名小説をドラマ化。佃航平(阿部寛)は、元宇宙科学開発機構の研究員だったが、自分が開発したエンジンを載せたロケットの打ち上げ失敗の責任を取らされ、父が残した下町の工場を継ぐことに。佃は「佃製作所」の社長として第二の人生をスタートさせるが、宇宙への夢を捨てきれず、葛藤を抱える。

第87回ザテレビジョンドラマアカデミー賞受賞インタビュー一覧

【PR】オススメ情報