ザテレビジョンがおくるドラマアカデミー賞は、国内の地上波連続ドラマを読者、審査員、TV記者の投票によって部門別にNo.1を決定する特集です。

最優秀作品賞から、主演・助演男女優賞、ドラマソング賞までさまざまな観点からドラマを表彰します。

第87回ザテレビジョンドラマアカデミー賞脚本賞 受賞インタビュー

八津弘幸、稲葉一広

「このチームで脚本を書くことは、プレッシャーより、安心感があります。ダメなものはダメと言ってくれるので。信頼しているといか、甘えているというか(笑)。例えば、最終話の佃と椎名(小泉孝太郎)のセリフの掛け合いというのは何度もはじき返されて、相当書き直しました。あのシーンだけで、丸2日ぐらいかかりましたね。でもその分、内容はより良くなっているのは確かです。あと第1話の『おっさんが夢見て何が悪い!』という佃のセリフはドラマを見ていて、とても気持ち良かったですよね。自分もそういう年齢なんで(笑)。またこのチームで、もっとすごいものを作ってみたいという思いは当然あります。やっているときはいつもハードで、二度とやるかって思いますけど(笑)」(八津弘幸)

下町ロケット(阿部寛主演)

池井戸潤の同名小説をドラマ化。佃航平(阿部寛)は、元宇宙科学開発機構の研究員だったが、自分が開発したエンジンを載せたロケットの打ち上げ失敗の責任を取らされ、父が残した下町の工場を継ぐことに。佃は「佃製作所」の社長として第二の人生をスタートさせるが、宇宙への夢を捨てきれず、葛藤を抱える。

第87回ザテレビジョンドラマアカデミー賞受賞インタビュー一覧

【PR】オススメ情報