ザテレビジョンがおくるドラマアカデミー賞は、国内の地上波連続ドラマを読者、審査員、TV記者の投票によって部門別にNo.1を決定する特集です。

最優秀作品賞から、主演・助演男女優賞、ドラマソング賞までさまざまな観点からドラマを表彰します。

第93回ザテレビジョンドラマアカデミー賞最優秀作品賞

  • 1

    リバース

    TBS系

    人間ドラマとしても秀逸な「リバース」に最高評価
    (C)TBS

    人間ドラマとしても秀逸な「リバース」に最高評価

    「リバース」が読者とTV記者に支持され、最優秀作品賞に。「回を追うごとに謎が深まっていく展開のうまさ」とサスペンスとしての完成度に加え、人間ドラマとしても評価が高かった。2位の「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」は、「ハードボイルドな作風」と「実際の事件を連想させるタブーなしの脚本」が注目され、審査員評ではトップ。3位の「貴族探偵」は、「豪華キャストの演技合戦が楽しい」と広い層から人気だった。

    【ドラマへの評価】
    事故死した親友の死の真相に迫る湊かなえ原作のヒューマンミステリー。毎話明らかになる登場人物たちの意外な裏の顔や深瀬(藤原竜也)と美穂子(戸田恵梨香)のもどかしい恋愛模様、話数を重ねるほどに深まる謎に注目が集まった。さらに、原作の向こう側を描いた最終回が話題に。
    原作=湊かなえ/出演=藤原竜也、戸田恵梨香、玉森裕太、小池徹平、三浦貴大、門脇麦、市原隼人、YOU、片平なぎさ、武田鉄矢ほか

    受賞者インタビュー

    原作のその先を見たいと思いました(新井順子プロデューサー)

    第93回 ドラマアカデミー賞 最優秀作品賞 受賞インタビュー
    撮影=大石隼土
    Q スピード感のある展開と、意外性が引き込んでくれるストーリーが印象的でした。ストーリーでこだわった部分を教えてください
    確かに急展開なところはありましたが、スピード感を意識していたというよりは、 “それはある日突然に”というような、日常に潜む落とし穴を描いていったので、そのように感じられたのかと思います。スピード感も大切ですが、毎話、皆が隠していることが一つずつ明らかになっていく秘密や、深瀬(藤原竜也)、浅見(玉森裕太)、村井(三浦貴大)、谷原(市原隼人)の4人をじっくり丁寧に掘り下げていくことを大切に描きました。「友情」がテーマの一つでもあって、友達じゃなかったメンバーが友達になっていく過程を7話まで描き、8話からは美穂子(戸田恵梨香)とどうなっていくのかをメインにしました。美穂子は7話まで、核心の部分を隠しておかなきゃいけなかったので、最初が描きづらかったですね(笑)。
  • アクションと重厚なストーリーが話題に

    【ドラマへの評価】
    稲見(小栗旬)ら警察の秘密部隊である“特捜班”の活躍を描いた骨太なアクションエンターテインメント。迫力満点なアクションシーンの派手さに加え、警察組織への不信や、巧妙化するテロリストとの戦いに苦悩する特捜班たちの姿も視聴者を魅了した。
    原案・脚本=金城一紀/演出=鈴木浩介ほか/出演=小栗旬、西島秀俊、田中哲司、野間口徹、新木優子ほか

  • 3

    貴族探偵

    フジ系

    見事な映像化に原作ファンも賞賛!

    年齢や住所、本名までも不明の探偵を趣味とする貴族探偵(相葉雅紀)が、一切の推理を“雑事”と言い放ち、召使いに任せて優雅に謎を解く。貴族の華やかな世界や、映像化が困難なトリックを見事にドラマ化し、原作ファンからも大きな反響を呼んだ。
    原作=麻耶雄嵩/出演=相葉雅紀、武井咲、生瀬勝久・井川遥・仲間由紀恵・滝藤賢一、中山美穂、松重豊ほか

第93回ザテレビジョンドラマアカデミー賞受賞一覧

VOTE投票シート
  • 以下6部門全てを選択し、投票してください。
  • 投票完了後、抽選で当たるプレゼントにご応募いただけます。
 投票する
 投票する
投票完了

0/6部門選択済み

 投票する
 投票する
投票完了

6/6部門選択済み

 投票する
 投票する
投票完了

ご投票ありがとうございました。

 プレゼントに応募する
 プレゼントに応募する
応募完了

投票完了後にご応募いただけます。

 プレゼントに応募する
 プレゼントに応募する
応募完了

ご応募いただけます。

 プレゼントに応募する
 プレゼントに応募する
応募完了

ご応募ありがとうございました。

【PR】オススメ情報