ザテレビジョンがおくるドラマアカデミー賞は、国内の地上波連続ドラマを読者、審査員、TV記者の投票によって部門別にNo.1を決定する特集です。

最優秀作品賞から、主演・助演男女優賞、ドラマソング賞までさまざまな観点からドラマを表彰します。

第94回ザテレビジョンドラマアカデミー賞最優秀作品賞

  • エンタメ性が強化された「コード・ブルー―」が受賞
    (C)フジテレビ

    エンタメ性が強化された「コード・ブルー―」が受賞

    7年ぶりの続編で成長した医師たちの姿が描かれ、「エンターテインメント性が強化された」と読者から圧倒的得票数を獲得した「コード・ブルー―」が堂々の1位に輝いた。2位は、朝ドラ「ひよっこ」。「登場人物全員に魅力があり、それぞれの心の移り変わりに感情移入できた」と評価された。そして3位の「過保護のカホコ」は「おとぎ話のようでいて、現代ならではの問題を描いた」と好評を博した。

    受賞者インタビュー

    視聴者の方々に受け入れてもらえるか常に不安でした(増本淳プロデューサー)

    第94回 ドラマアカデミー賞 最優秀作品賞 受賞インタビュー
    撮影=ToshiSENDA
    Q まずは、3rdシーズンを終えたときのお気持ちをお聞かせください
    感謝と安堵…ですかね。
  • 作品の高評価が視聴率を押し上げた!

    【ドラマへの評価】
    農家に生まれ、集団就職で上京したヒロイン・みね子(有村架純)の青春記。家族愛や友情を丁寧に描き、感動と称賛の声が相次いだ。初回19.5%だった視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区)も徐々に上昇し、9/28には24.4%の最高視聴率を記録した。
    脚本=岡田惠和/出演=有村架純、沢村一樹、木村佳乃、佐々木蔵之介、古谷一行、宮本信子ほか

  • 3

    過保護のカホコ

    日本テレビ系

    家族の愛情とカホコの懸命な姿が話題に!

    【ドラマへの評価】
    家族に溺愛されピュアに育ったカホコ(高畑充希)が、さまざまな初体験を通して成長し、家族の問題を解決していくホームエンターテインメント。母・泉(黒木瞳)の徹底した過保護ぶりや、愛する家族のため、懸命に駆けずり回るカホコの姿が話題を呼んだ。
    脚本=遊川和彦/演出=南雲聖一ほか/出演=高畑充希、黒木瞳、竹内涼真、時任三郎ほか

第94回ザテレビジョンドラマアカデミー賞受賞一覧

VOTE投票シート
  • 以下6部門全てを選択し、投票してください。
  • 投票完了後、抽選で当たるプレゼントにご応募いただけます。
 投票する
 投票する
投票完了

0/6部門選択済み

 投票する
 投票する
投票完了

6/6部門選択済み

 投票する
 投票する
投票完了

ご投票ありがとうございました。

 プレゼントに応募する
 プレゼントに応募する
応募完了

投票完了後にご応募いただけます。

 プレゼントに応募する
 プレゼントに応募する
応募完了

ご応募いただけます。

 プレゼントに応募する
 プレゼントに応募する
応募完了

ご応募ありがとうございました。

【PR】オススメ情報