ハリセンボンが結婚観や恋愛事情を告白「自分をどう楽しませるかがテーマ」

2020/11/20 04:30 配信

バラエティー

「TOKIOカケル」にお笑いコンビ・ハリセンボンが登場

「TOKIOカケル」にお笑いコンビ・ハリセンボンが登場

11月18日放送の「TOKIOカケル」(フジテレビ系) は、ゲストにハリセンボン近藤春菜箕輪はるかが登場。それぞれの結婚観や恋愛事情について明かした。

長瀬智也は近藤と箕輪に、現在、どんな結婚観を持っているかを質問。「笑いに逃げてほしくない。ストイックに聞きたい」と関心を示す。

近藤は、昔は仕事をしつつ、20代後半には子供を持つというような漠然とした考えを持っていたが、「最近は結婚したい、とも、思っていない」と明言。「自分をどう楽しませるかがテーマ」と言い、自分の好きなことややりたいことをやって「自分をまず幸せにする」と、現在の生き方について語る。

さまざまな人の価値観に触れる中で、ある男性から「価値観合う人間なんていねぇよ」と言われてショックを受け、「価値観合う人間がいないんだったら一緒に暮らせない」という思いに至ったと話す。

ただ結婚にこだわってはいないが、恋愛はしたいと思っており「形にとらわれなくていいんじゃないか」と心境を明かした。

それを聞いた国分太一は「またきっかけがあって、結婚願望が強くなるときが来るかも」、松岡昌宏も「また違う(男性の)一言で変わるかも」と、今はないかもしれないが、今後、結婚願望を持つ日が来るかもしれない、と感想を述べた。

一方、箕輪はもともと結婚願望が薄く、老後のために結婚が必要ぐらいに考えていたが、一度、恋愛を経験したことで「結婚とかいらないんじゃないか」という考えに至ったという。

30歳ぐらいのときに4年間お付き合いをした彼氏がおり「すごくいい経験ができたので、もうそれでお腹いっぱい」。恋愛も「どうしてもしたい、という感じではない」と話す。好みのタイプについて「働いていれば……」と言う箕輪に、長瀬は「広すぎ!」と笑顔を見せた。

箕輪は恋愛をしていた当時の出来事も明かす。お笑いの構成作家の彼氏とは、ライブを通じて知り合い、徐々に距離が縮まっていった。近藤は箕輪の恋愛を知ったとき、とても驚いたが、思い返してみると、彼氏ができたと思われる頃から、箕輪の「腕毛がなくなった」と暴露。箕輪は「何があるかわかないから」と、剃ったことを照れながら打ち明けた。

国分は恋愛について赤裸々に語る2人に「テレビでこんな話します?」と質問。近藤はほぼしたことがないと言い「聞いてくれる人がいなかった」と笑った。

SNSでは「改めて、ハリセンボンが好きになった」「素敵な関係やなと思う」「真摯に話を聞くTOKIOがいい」などと、2人の関係性や、話を真剣に聞くTOKIOに好感を示すコメントが多く寄せられた。

次回の「TOKIOカケル」は11月25日(水)夜11:00より放送予定。

▼注目のバラエティーなど特番を紹介!

秋の特番まとめ

関連番組

関連人物