「エール」“華”古川琴音、二階堂ふみと“2歳差”で娘役好演!菅田将暉、小芝風花ら朝ドラ“子供役”は人気俳優の登竜門

2020/11/21 08:05 配信

ドラマ

「エール」第112回
「エール」第112回(C)NHK

2020年度前期の“朝ドラ”こと連続テレビ小説「エール」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)。11月16日~放送の第23週「恋のメロディ」は、裕一(窪田正孝)と音(二階堂ふみ)の娘・華(古川琴音)の恋物語が描かれた。朝ドラ後半戦の見どころのひとつである、主人公の子どもを演じた俳優たちを、フリーライターでドラマ・映画などエンタメ作品に関する記事を多数執筆する木俣冬が解説する。(以下、一部ネタバレが含まれます)

裕一と音の娘・華の恋物語


エール」第23週「恋のメロディ」は、裕一(窪田正孝)と音(二階堂ふみ)の娘・華(古川琴音)の恋愛エピソード。

裕一が、盟友にして作家の池田二郎(北村有起哉)と組んで大ヒットしたラジオドラマ「君の名は」は、作家の思惑――社会問題を扱った作品――ではなく、主人公のすれ違いの“恋”が受けたことになぞらえた恋の物語。

看護婦として病院で働きもうすぐ25歳になる華。仕事に夢中だった彼女が入院患者でロカビリー歌手の霧島アキラ(宮沢氷魚)を「運命の相手」と感じて結婚しようとするが、クラシック一辺倒の裕一はロカビリーに理解がなさそうで……。この恋の顛末は最終週まで引っ張る形に。

「エール」113 回 華(古川琴音)と霧島アキラ(宮沢氷魚)の出会い
「エール」113 回 華(古川琴音)と霧島アキラ(宮沢氷魚)の出会い(C)NHK


娘らしい恋の感情をビビッドに演じる華役の古川琴音は「この恋あたためますか」(毎週火曜夜10:00-10:57、TBS系)で森七菜演じる主人公の友人を演じ、この秋大活躍の1996年生まれ。娘の恋をあれこれ心配する母役の二階堂ふみは1994年生まれ。年の差、わずか2歳ながら、仲の良い母娘のように見えるのだから、お芝居っておもしろい。古川は等身大で無邪気な雰囲気を出し、二階堂はけっしてそのノリに引っ張られず、ゆったり堂々と受ける。

◆2021年1月冬ドラマ一覧!◆

1月スタート冬ドラマまとめ

関連番組

関連人物