坂口健太郎主演SPドラマ「シグナル」に青木崇高、桜井ユキ、古川雄輝ら追加キャスト発表

2021/02/26 15:04 配信

ドラマ

SPドラマ「シグナル」追加キャストが発表された

SPドラマ「シグナル」追加キャストが発表された

3月30日(火)に放送される坂口健太郎主演ドラマ「シグナル 長期未解決事件捜査班 スペシャル」(フジテレビ系)に青木崇高桜井ユキ古川雄輝篠原ゆき子駿河太郎西岡德馬杉本哲太田中哲司が出演することが発表された。同ドラマは、2018年に放送された連続ドラマの続編で、謎の無線機が“現在”と“過去”の二人の刑事をつなぎ、さまざまな未解決事件を解決していくヒューマンサスペンス。“現在”を生きる刑事・三枝健人(さえぐさけんと)を坂口が演じ、北村一輝が演じる“過去”を生きる熱血刑事・大山剛志(おおやまたけし)と再びタッグを組む。

健人(坂口健太郎)と元警察官・石川(青木崇高)が対峙!

今回発表された出演者たちが演じるのは、健人(坂口)と大山を追い詰め、健人と対峙する敵対者や新たな事件の関係者、そして、大山の行方の鍵を握る政府や警察上層部、大物国会議員。

青木崇高が演じるのは、元警察官で建設会社社長・石川匠。警察官時代に警察上層部と関わるなど、重要な過去を持つ男。現在は、警察の権力をバックに好き勝手に生きており、健人と対峙する悪の存在だ。今回、青木は自身の役どころを「脅威を余裕でかわし、なかなか追い詰められない悪」と語っている。

桜井ユキが演じるのは、女優の卵・上杉胡桃。カメラマンの武田寿士(古川)と婚約中の2000年に変死体で発見されるが、20年後にその姿が目撃されるという謎深き存在。桜井は自身の役柄を「想像できないほどの苦しみを過去に抱えていて、初めに台本を読んだ時は、すんなりと落とし込めなかった」と、今作で難役に挑戦したことを明かした。

最愛の人の行方を追うカメラマンを演じる古川雄輝

古川雄輝が演じるのは、カメラマンの武田寿士。20年前に死んだはずの婚約者・胡桃(桜井)を見かけ、健人ら未解決班に捜査してほしいと依頼する。古川は「武田は若い頃に最愛の人を亡くしている人。亡くした者への悲しみが雰囲気に出るように演じてみたい」と意気込みを語った。

また、篠原ゆき子、駿河太郎、西岡德馬、杉本哲太、田中哲司も登場。胡桃の事件や大山の謎につながる人物として脇を固める。篠原が演じる胡桃の姉・上杉杏珠は、20年前のある秘密を抱えている。

駿河太郎が演じる鳥羽は、芸能プロダクションの悪徳社長。西岡德馬が演じるのは、連ドラで黒幕として登場した衆議院議員・野沢義男。政府・警察上層部とも繋がっている大物議員だ。杉本哲太が演じる三谷宗久は、内閣情報調査室次長。あらゆる情報に精通し、暗躍する政府の要人。田中哲司が演じる山崎聡史は、警視庁公安部長。警視庁の中でも将来を約束されているリアリストという役どころだ。

ドラマ「シグナル 長期未解決事件捜査班 スペシャル」
3月30日(火)夜9:30分-11:18分※変更の可能性あり
フジテレビ系で放送
出演:坂口健太郎、北村一輝、吉瀬美智子
   木村祐一、池田鉄洋、青野楓
原作:「シグナル」(脚本:キム・ウニ/制作:Studio Dragon&ASTORY)
脚本:仁志光佑
音楽:林ゆうき、橘麻美
演出:鈴木浩介
プロデュース:萩原崇、笠置高弘、石田麻衣
制作協力:ホリプロ
制作著作:カンテレ
ドラマ公式サイト:https://www.ktv.jp/signal/

関連番組

関連人物