草なぎ剛「まんざらじゃないぞ、僕の人生」 【連載コラム】

2018/06/25 05:00 配信

芸能一般

全身全霊を込めた主演舞台「バリーターク」が大千秋楽を迎えた草なぎ剛。舞台を経て感じたことや今の心境、そして下半期に向けての意気込みを「月刊ザテレビジョン」の連載「お気楽大好き!」(8月号発売中)で語った。その一部を紹介。

ユースケさんも来てくれた。「汗かいて一生懸命やってる僕の姿がいい」って

舞台「バリーターク」が大千秋楽を迎えました。毎回全力投球で、毎日が濃密で。舞台をやってる期間って、人生の中で一番充実してると思うんだ。一日の中で無駄にするところがないから。芝居してて、相手の松尾(諭)さんのリアクションを感じたりする時間の流れがすごい繊細だったり濃かったり。もうボーッとしてる時間がないんです。他のことは何も…まあ(愛犬の)クルミの散歩はしてるけど(笑)、ノドにいいハーブティーを飲んで、あしたのために早く寝ようと思ったし、アザとかケガは多かったから体のメンテナンスは一番気を使ったかもしれない。常にベストの状態にもっていこう、そこだけに全力を尽くした感じが気持ち良かった。でないとできない舞台だったから。舞台に対して純粋になれてる自分が、上演時間の1時間40分のためだけに毎日考えてる自分が好きだった。

今回もたくさんの方がいらしてくれてね。ユースケ(・サンタマリア)さんも来てくれた。汗かいて一生懸命やってる僕の姿がいいって言ってくれて。そうなんだよ。「正直内容はあんまり分からなかったけど、良かったよ」って言ってくれる人が多かったんで、それは役とかそういうのを超えて、伝える部分の大切さみたいなのをもう一度自分自身も学べたかなと思った。

(稲垣)吾郎さんと(香取)慎吾も忙しい中、見に来てくれて。ブログやインスタでコメントを…、うん、うれしかったです。そうやって僕のことを愛情を持って見てくれてる2人に感謝っていうか。一つ一つの言葉が本当に素敵で、僕の舞台をすごくいい形で言葉にしてくれた。やっぱり分かってくれてるんだなって。それを読んで観劇してくれた方も、また舞台を思い出してくれたのかなと思うし、見てない方も新たな想像を膨らませてくれたんじゃないかな。

「友情が芽生えてる感じ」 (2/2)

◆AbemaTV「新しい別の窓」
毎月第1日曜 夜5時から7.2時間生放送

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース