清原果耶主演ドラマ「透明なゆりかご」第3話直前!“命”についての価値観を問う名言まとめ

2018/08/03 14:00 配信

ドラマ

「命ってなんだろう」そんな人間の根源とも言える問いに、真正面から向き合うドラマがある。NHK総合で放送中の「透明なゆりかご」(毎週金曜夜10:00-10:45)だ。

清原果耶主演で、沖田×華の漫画作品を実写ドラマ化した同作。

小さな産婦人科医院にやってきた17歳の看護師見習いの主人公・アオイ(清原)の感受性豊かな眼差しを通して、産科の光と影を描いている。

本記事では、8月3日(金)に放送される第3話に向けて、第1話、第2話のあらすじと、登場した名言を紹介。さまざまな価値観と死生観を映し出すドラマの魅力を伝えていく。

【写真を見る】“カケラの子たち”はどこへ行くのか

【写真を見る】“カケラの子たち”はどこへ行くのか

(C)NHK

私に与えられたもう1つの仕事は、命だったカケラを集めることだった

第1話で「由比産婦人科医院」にアルバイトとしてやってきたアオイは、初日からアウス(人工妊娠中絶)の手術に立ち会う。

手術後、アオイは取り出した“命だったカケラ”を透明なケースに入れ、箱に入れながら「私に与えられたもう1つの仕事は、命だったカケラを集めることだった」と心の中でつぶやく。

すると、仕切られた箱には同じケースがすでに一つ入っており、アオイは「良かったね。1人じゃなくて」と優しく言葉をかけるのだった。

未受診妊婦の“田中さん”(安藤玉恵)が、母になる

未受診妊婦の“田中さん”(安藤玉恵)が、母になる

(C)NHK

その命は、あっという間に消えちゃうかもしれないんだ

アオイが医院の前で出会った田中(安藤玉恵)と名乗る未受診妊婦は出産後、すぐに姿を消してしまう。

アオイは、彼女の産んだ低血糖であまり泣かない新生児の世話をしながら、心配でいても立ってもいられなくなり、「その命は、あっという間に消えちゃうかもしれないんだ」と実感する。

そんな中、“田中さん”が男を連れて医院を再訪し、彼女の子どもは、不倫の末にできた“赤ちゃん”だったことが判明。

自分の“赤ちゃん”に会うことを拒絶する“田中さん”に、アオイは“赤ちゃん”を会わせる。

“赤ちゃん”を抱き上げた“田中さん”は、母親の顔になり、アオイにも少しずつ心を開くようになっていく。

そして、本名の木島いづみと、その“赤ちゃん”・健太くんとして、笑顔で退院していくのだった。

健太くんが亡くなったと聞き、驚くアオイ

健太くんが亡くなったと聞き、驚くアオイ

(C)NHK

ここは、生まれる命と消える命が、絶えず交差する場所

木島の子ども・健太くんが授乳中の事故で亡くなったというニュースが入り、虐待かと疑う声も挙がるが、アオイは健太くんが愛情に包まれて死んでいったと信じていた。

分娩室では今日も出産、そしてアウスの手術が行われている。

アオイは、「生まれる命と消える命が、絶えず交差する場所」で働くことで、“命”について深く考え始めるのだった。

第2話では、「母性とは何か」を問いかける (2/3)

「透明なゆりかご」
毎週金曜夜10:00-10:45
NHK総合で放送

ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース