レキシ、みんなで納める“年貢コール”! サザン、ユーミンのボケも<RIJF>

2018/08/11 07:00 配信

音楽

2018年8月4日、5日、 11日(土・祝)、12日(日)の4日間にわたり、茨城・国営ひたち海浜公園にて開催されている国内最大のロック・フェスティバル「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018」。ミュージシャン・レキシが、8月5日に登場。自由なパフォーマンスで観客の心をわしづかみにし、終始、笑い声が絶えないステージとなった。

レキシ、十二単(ひとえ)をはためかせながら華麗に回転!

ファンがグッズの稲穂を持って出迎える中、和の音色とともに十二単姿のレキシが姿を現し、そのまま「SHIKIBU」でキックオフ。

紫式部がテーマとなる同曲の「派手な羽織も 乱れそめにし」という歌詞の部分で、レキシは衣装をはためかせながら回転する他、「ここ打ったの!」と登場して転んだ際に打った肘を何度も指し、会場からは早くも笑い声が上がる。

サビであおると、観客は一斉に応えていき、その様子を見たレキシはうれしそうに「ありがとう〜! きたよ〜! はじめまして、ロックインジャパン!」とあいさつ。

そして、「いきなりこけたよ〜! 暑いのにこんなん着ているからね」と十二単を指さし、「十二単脱いでいい? 『SHIKIBU』終わったからね」と衣装替えする自由奔放なレキシに、観客からは温かい視線が送られる。

レキシ、自由奔放なパフォーマンスを披露!

着替え終わると「どうも初めまして。My Hair is Badです。My Hair is “アフロ”です」とボケてみせ、「じゃあ、行こうか〜! 昨日もやったけれど」と、8月4日にもロックバンド・キュウソネコカミが披露していた「KMTR645」を歌っていく。

2016年にリリースしたアルバム『Vキシ』で松たか子、ASIAN KUNG-FU GENERATION・後藤正文らとコラボしたレキシ。「KMTR645」は、同アルバムでキュウソネコカミとコラボし、共に“ライブが面白い”アーティスト同士のコラボが、ファンの間で話題となっていた。

そんな同曲で、レキシはステージの端から端までを走り出し「一緒にレキシと遊ぼう〜!」と元気よく叫び、「ギター!」と紹介。さらに、「X!」と手をクロスして跳ぶよう観客に指示するなど、自由気ままに振る舞っていた。

サビで「キュキュキュ」と歌うところをファンは「Q」のポーズの振り付けを楽しそうに踊り、その様子を見たレキシは「ありがとう! Q! ありがとうございました!」と何度も感謝を述べ、大ジャンプを披露。

レキシのステージから「年貢」の連呼が止まらない!? (2/3)

<レキシ セットリスト>
M1.SHIKIBU
M2.KMTR645
M3.年貢 for you
M4.GET A NOTE
M5.狩りから稲作へ
M6.きらきら武士

「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018 DAY-1」
9月29日(土)昼1:00-
WOWOWで放送
「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018 DAY-2」
9月30日(日)昼1:00-
WOWOWで放送
「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018 DAY-3」
10月6日(土)昼1:00-
WOWOWで放送
「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018 DAY-4」
10月7日(日)昼1:00-
WOWOWで放送

公式HP=http://rijfes.jp



ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!