主人公2人の“過去”を真正面から描く!「dele」心震えるラストへ

2018/09/13 20:20 配信

ドラマ

いよいよ最終回を残すのみとなった「dele」

いよいよ最終回を残すのみとなった「dele」

山田孝之と菅田将暉がバディを組み、デジタル遺品とそれにまつわる人間ドラマをひもとく金曜ナイトドラマ「dele」(毎週金曜夜11:15-0:15ほか、テレビ朝日系)が、9月14日(金)に最終回を迎える。

最終回では、圭司(山田)と祐太郎(菅田)がそれぞれ覚悟を決め、心の奥底に抱え込んできた壮絶な過去に決着を付け、これまでどこかおぼろげだった主人公2人へのフォーカスをぐっと絞り込み、見る者の喜怒哀楽を“総起動”させる物語を展開する。

そんなラストエピソードの脚本を手掛けるのは、シリーズ全体の原案・パイロット脚本を担当しているベストセラー作家・本多孝好氏。

「dele」の生みの親である本多氏は自らが脚本を書いた第1話および第5話でも、圭司&祐太郎の過去に断片的に触れてきたが、全8話の集大成として、2人の過去を真正面から描写する。

麿赤兒と大塚明夫という“ただ者ではない”雰囲気を持つ2人のゲストを迎え、圭司と祐太郎の心をえぐり出す物語をつむぐ。

どんな物語? (2/2)

金曜ナイトドラマ「dele」
9月14日(金)夜11:15-0:15
テレビ朝日系で放送
※一部地域では放送時間が異なる
【公式HP】http://dele.life/

◆山田孝之&菅田将暉W主演で話題のドラマ「dele」のウラガワを紹介!◆


◆7月スタートの連続ドラマまとめはコチラ◆


ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース