「ルームロンダリング」池田エライザインタビュー! 『明日が少し豊かになる作品になっています』

2018/11/07 06:00 配信

ドラマ

MBSは毎週日曜、TBSでは毎週火曜に放送中のドラマイズム「ルームロンダリング」。

事故物件に住み込み、その事故履歴を帳消しにする仕事“ルームロンダリング”の仕事をする御子(池田エライザ)が、幽霊となってその部屋に居座る元住民たちの悩み相談に振り回されていく姿を描く。7月にはすでに映画も公開され、数々の映画祭に出品された話題作で、ドラマ放送前から注目を集めた。

映画版に引き続きドラマ版でも、映画同様主人公・御子を演じる池田をはじめ、御子の叔父・悟郎役のオダギリジョー、幽霊になってもなお夢を諦められない公比古役の渋川清彦、御子が住み込んでいた部屋の隣人・亜樹人役の伊藤健太郎が続投している。

今回、「ザテレビジョン」では主演の池田エライザにインタビューを実施。個性豊かな登場人物たちが織りなす本作の魅力や、撮影中のエピソードについて語ってもらった。

――ドラマの撮影を終えての感想をお願いします。

映画の撮影から1年半と少し時間は空いてしまったのですが、撮影現場に集まったオダギリさんをはじめとするキャストの皆さんが、変わらず「ルームロンダリング」の空気をまとって現場にいらっしゃってくださったので、いいスタートが切れました。映画を見てくださった方が、久々にまた「ルームロンダリング」に触れて温かさを感じてくれるんじゃないかなって思います。

――ドラマ版が決まった時の周りの反応はいかがでしたか?

周りからは「いいなあ~」って言われました(笑)。映画の撮影が終わって「寂しいなぁ…もうみんなに会えなくなるんだな」って思っていたのですが、「でもまだ終わらないぞ!」って言ってもらえた安心感がありました。また1年半後にお会いするのだから、どこか成長した自分で会いたいなっていう心地のいいプレッシャーと、でも御子ちゃんは御子ちゃんでありたいなっていう作品に対する誠意。そういう思いがこの撮影期間までずっとありました。

でも、映画版のキャストさんが続投してこの作品に携わってくださって。最初にオダギリさん演じる悟郎さんを見た瞬間、きーさん(清彦)の公比古を見た瞬間に「ああ、ルームロンダリングだ」って感じました。「ただいま」「おかえり」って思えた瞬間があって、幸せな瞬間でしたね。

池田が感じた成長とは (2/3)

「ルームロンダリング」
MBSでは毎週日曜夜0:50-1:20
TBSでは毎週火曜夜1:28-1:58

◆2018年秋ドラマをラインアップ◆


ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース