「翔子は『こんな友達がいたらよかったな』と思えるような人」内山聖子EP&大江達樹Pが「リーガルV」を語り尽くす!<リーガルV連載>

2018/12/13 07:00 配信

ドラマ

「リーガルV」最終回を前に内山聖子EP&大江達樹Pが今作を語り尽くす!

「リーガルV」最終回を前に内山聖子EP&大江達樹Pが今作を語り尽くす!

(C)テレビ朝日

米倉涼子演じる弁護士資格を剥奪された元弁護士・小鳥遊翔子が、ワケあり弱小弁護士たちをスカウトし、大手法律事務所を相手に勝利(Victory)を懸けた戦いを挑む次世代リーガルドラマ「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」(毎週木曜夜9:00-9:54、テレビ朝日系※最終回は夜9:00-10:14)。

12月13日(木)に同ドラマは最終回を迎えるが、リレー連載もこれが最終回となる。 

第10回は、制作スタッフから内山聖子エグゼクティブプロデューサーと、大江達樹プロデューサーが制作秘話などを披露。

内山EPからは「リーガルV」と主人公・翔子に込められた思いなどを、大江Pからは最終話の見どころなどを聞いた。

「リーガルV」は“視聴者が見たい米倉涼子”をテーマに制作しました(内山EP)

――今回どのように「リーガルV」を作り上げて来られましたか? 作品の軸となる部分をお教えください。

内山EP:ご存知の通り、約1年に1回は米倉涼子さんとテレビ朝日でドラマをやらせていただいています。

米倉さんには今までいろんな役を演じていただきました。つい最近は“失敗しないお医者さん”が長かったので、「リーガルV」は“視聴者が見たい米倉涼子”をテーマにしています。彼女の新しい女優人生に挑戦してもらいたいなという思いで、無理に変えようとはせず新しいことを意識した、というのが一番の軸です。

また、「黒革の手帖」(2004年ほか、テレビ朝日系)のように、孤高のヒロインで一人突っ張っていくという役が多かったので、今回は弁護士として人を助けたり、助けられたり、「仲がいい!」というよりは、信頼し合う仲間のようなものを作っていく話を目指していきたいなと思っていました。

――今作は、米倉さんとも相談されて作り上げた作品だと伺いました。

内山EP:そうですね。「ドクターX―」(2012~2017年、テレビ朝日系)の大門未知子は、キューバに行ってしばらく遊んでいるということなので(笑)。

「未知子がいなかったら、米倉さんはどういう人間を生きたいか」という話から、「年をとるにつれて、どういう人でありたいか」「人に対してどうありたいか」というようなことを話し合いましたね。

新しい役は、「自由で何でもかんでも自分でやる!」という人物じゃない方がいいなと言っていました。

――「ドクターX」の未知子と比べると翔子はどんな人物ですか?

内山EP:編集後、作品が仕上がってみると「未知子と違うな」「未知子の方が子供っぽいな」と感じました。

翔子は無茶苦茶なことも言うんです。未知子より人間的にはひどいことも言うし、パワハラまがいなことも言うけど、翔子の方が人間的にはちゃんと人のことを考えられるという感じがしました。

未知子の場合は、人というより、患者のことしか考えていないので、人間性としてはかなり破綻しています。

翔子は、どんな事件でも、本当の被害者を一生懸命探そうとしていて、この事件のただの被害者ではなく、その奥の奥にある“本当の被害者”を探そうとしているんです。

人間的に「こんな友達がいてくれたらいいな」と視聴者の方にも思ってもらえるようになっています。

翔子の「だって私、弁護士資格ないんだもん」には深い意味が! (2/4)

「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」
毎週木曜夜9:00-9:54
テレビ朝日系で放送
※12月13日(木)の最終回は夜9:00-10:14

◆ドラマ「リーガルV」特集! 出演者リレー連載実施中!! 関連ニュースも続々更新◆


◆2018年秋ドラマをラインアップ◆


↓↓ドラマアカデミー賞 特設ページはこちら!↓↓


ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連番組

関連人物