佐藤仁美が4人の妻を熱演!役作りの参考はネット投稿?

2019/03/13 06:30 配信

ドラマ

NHK BSプレミアムで放送中の「我が家のヒミツ」(毎週日曜夜10:00-10:50)。

同作は、奥田英朗の短編小説をドラマ化した「我が家の問題」(2018年、NHK BSプレミアム)の第二弾。“4人の妻”を各話の主人公とし、オムニバス形式で4つの夫婦の会話劇を描く。

今回、一人4役で“4人の妻”を演じ分けているのが連続ドラマ初主演の佐藤仁美だ。

ネットオークションにハマる妻や妊娠中でナーバスになる妻などその役どころは多岐にわたる。

そんな佐藤に一人4役を演じることの苦労や共演した4人の夫の印象などを聞いた。

【写真を見る】佐藤仁美と永井大の夫婦ショット!

【写真を見る】佐藤仁美と永井大の夫婦ショット!

(C)NHK

「どうしてもですか?」という思いでした

――今回、一人で4役を演じられていますが、オファーを受けた時の印象を教えてください。

いやでした(笑)。

4役やって、「全部同じじゃん!」って思われたくなくて…。

“役者としてやりがいがあります”と言いながらも、最初は「いやだ、そんな評価は受けたくない! どうしてもですか?」という思いでした。

――役が違うとはいえ、“妻”を4役というのは変化をつけるのは難しそうですよね。

難しいですね。

はじめは、髪型や衣装、夫役も変わるし、「(同じ人が演じているって)バレないんじゃない?」なんて開き直ったり…。

でもやるからには! という思いももちろん自分の中にありました。

1番悩んだのは、妊娠中の妻・葉子を演じた第3話(3月17日[日]放送)です。

マタニティハイの状態になっている役なのですが、妊娠も結婚もしたことがないし、想像でしかなくて…。

また、実年齢より歳が一番離れていたのが葉子だったので、「この若作りどうする?」という悩みもありました。

でも、1話を撮り終わったら1日お休みがいただけていたので、リセットできてよかったですね。

いつも朝5時起きだったので、撮影中は全然お酒が飲めなくて(笑)。

お休み1日の半分は二日酔いで潰れ、そこから台本を読みという感じでしたが…。

――今回が連続ドラマ初主演ですが、何か心掛けたことなどはありますか?

私の中では“主演だから”といって変わったことはまったくなかったです。

コンビニでお菓子やスープを買ったり、第2話(3月10日放送)で共演した八嶋(智人)さんとピザを差し入れしたりということはしましたけど…。

あとはスタッフさんをあだ名で呼んだりしました。

ゲストで出演すると、スタッフさんの名前ってなかなか覚えられないんです。

今回はずっと一緒だったので、主役ってこうやって朝から晩まで撮影して、スタッフさんのことも覚えていくんだな、主役って大変だな、と思いました。

4人の妻を演じた佐藤仁美が共感できる部分とは? (2/3)

「我が家のヒミツ」
毎週日曜夜10:00-10:50 
NHK BSプレミアムで放送
ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!