新“月9”に『HERO』重ねる声多数!!「これぞ月9!」と話題<ラジエーションハウス>

2019/04/14 12:00 配信

ドラマ

「ラジエーションハウス―」会見より

「ラジエーションハウス―」会見より

撮影=龍田浩之

窪田正孝主演ドラマ「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」」(毎週月曜夜9:00-9:54、フジテレビ系※第2話は夜9:00-10:09)が、4月8日(月)より初回拡大放送でスタート。フジテレビ系の“月9”放送作では大先輩となる「HERO」(2001年ほか)を思わせる演出の数々に、多くの視聴者が「懐かしいよ~」「HERO大好きだから期待しかない」との声をSNS等に寄せている。(以下、ネタバレが含まれます)

ドラマ化するのは珍しい放射線科が舞台

原作は、「グランドジャンプ」(集英社)で連載中の同名コミック。“ラジエーションハウス”と呼ばれる甘春総合病院の放射線科を舞台に、レントゲンやCTで患者の見えない病を見つけ出す放射線技師や放射線科医ら“縁の下のヒーロー”たちの戦いを描く。

主人公の天才放射線技師・五十嵐唯織(いおり)を演じるのは、窪田正孝。「写真には必ず真実が写る」と信じて、アメリカの権威ある医師から認められた腕を持っている。一方で、幼なじみの杏(本田翼)が幼いころに抱いていた医者になる夢を「病気を見つけるカメラマンとなりお手伝いしたい」と22年も願い続けてきた、一風変わった男である。

主要メンバーの登場シーンが話題に!

視聴者が「この感じ、知ってる!」と話題にしているのは、病院に朝、唯織の同僚となる技師たちがわらわらと集まってくるシーン。

ギャンブル好きの技師長・小野寺(遠藤憲一)が二日酔いで出勤すると、放射線技師の軒下(浜野謙太)、男勝りな独身女子・たまき(山口紗弥加)、当直明けの威能(丸山智己)、若手の悠木(矢野聖人)が次々と現れて、勢揃いで地下1Fの放射線科に向かった。

狭いエレベーターの中で、唯織や同日採用の新人・裕乃(広瀬アリス)のウワサ話をしたり、横並びのデスクに一斉に座ったかと思いきや、急患が入り座っているヒマもないメンバーたち。

この1分30秒ほどのシーンの役割は大きい。どんな環境が舞台で、どんなキャラクターが登場するドラマかが分かる。そして、そのシーンこそが木村拓哉主演の「HERO」で、主要メンバーの検事たちが出勤してくる場面とそっくりだったのだ。

「HERO」とそっくりな演出がもっともっとあった! (2/8)

◆2019年春ドラマまとめはコチラ◆


ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース