福士奈央の弟愛に会場どん引き!? 当時のSKE48“最強研究生”たちが最後の「アップカミング公演」を上演

2019/04/24 17:00 配信

芸能一般

松村香織と6期生&ドラフト1期生による「アップカミング公演~THE END~」が開催

松村香織と6期生&ドラフト1期生による「アップカミング公演~THE END~」が開催

(C)SKE

4月23日、名古屋・栄にあるSKE48劇場で、5月に同グループを卒業する松村香織、6期生&ドラフト1期生(以下D1)の計13人が出演した「アップカミング公演~THE END~」が開催された。

「アップカミング公演」は、2014年に行われたチームのメンバーをシャッフルする「大組閣」によって劇場公演ができなくなった松村ら当時の研究生が、スタッフと共にセットリストを考案して行っていた公演。

松村の卒業を機に“THE END”と銘打って行われたこの日の公演は、松村のソロ曲「マツムラブ」からスタートすると、序盤は「誰かのせいにはしない」や「少女は真夏に何をする」などを披露。

ユニット曲のブロックでは、松村が卒業コンサートでできなかったが、研究生時代に6期生と「会いたかった」公演でよく歌った思い出の曲として、「恋のPLAN」を北川綾巴、青木詩織、鎌田菜月、熊崎晴香、日高優月、福士奈央と共にパフォーマンス。

また、歌いだしのメンバーのコールがおなじみとなっている「涙の湘南」では、「方向音痴でも 思いは真っすぐ かっまたなつっき(鎌田菜月)!」コールもしっかりと決まり、大盛り上がりを見せていた。

メンバーの恥ずかしいエピソードが続出した「アップカミングチャレンジ」 (2/5)

◆アイドルたちの最新情報はこちら!↓↓◆


ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース