<青天を衝け>吉沢亮、“天陽ロス”から大河ドラマ初主演で凱旋!「タイミングばっちり」【制作発表会見コメント】

2019/09/11 14:07 配信

ドラマ

会見に登壇した吉沢亮と大森美香

会見に登壇した吉沢亮と大森美香

撮影=神保達也

2021年の大河ドラマが、渋沢栄一を主人公とした吉沢亮主演の「青天を衝(つ)け」に決定。9日に脚本の大森美香、主演の吉沢亮、制作統括の菓子浩氏による制作発表が行われた。

新一万円札の顔としても注目され、資本主義の父と称される渋沢栄一。同作は、そんな渋沢が幕末から明治へ、時代の渦に翻弄され挫折を繰り返しながらも高い志を持って未来を切り開いていく姿を描く。

今回が大河ドラマ初主演となる吉沢は、「渋沢栄一という人間の人生をしっかりエンターテインメントとして、楽しく皆さまに届けられるように精一杯やらせていただきます」と意気込みを語った。

他、大森のコメントや会見で行われた質疑応答の様子を紹介する。

大森美香、吉沢亮の会見でのコメント全文はこちら! (2/7)

大河ドラマ「青天を衝(つ)け」
2021年1月放送開始予定
NHK総合ほか