山下智久、流ちょうな英語を披露! ドラマ「THE HEAD」国際取材会で『緊張しました…』

2019/09/19 05:00 配信

ドラマ

山下智久が、ドラマ「THE HEAD」の国際取材会に参加。撮影での、エピソードなどを語った

山下智久が、ドラマ「THE HEAD」の国際取材会に参加。撮影での、エピソードなどを語った

山下智久が、スペイン・テネリフェ島で開催されたドラマ「THE HEAD」(2020年春、Huluで配信予定)の国際取材会に参加。現在行われている撮影でのエピソードなどを語った。

南極の科学研究基地を舞台にした“極限サバイバルミステリー”

THE HEAD」は、ヨーロッパ最大級の制作会社であるTHE MEDIAPRO STUDIOが主導し、Huluも製作に参加する超大型国際連続ドラマ。辺境の地にある南極の科学研究基地を舞台に、“極限サバイバルミステリー”が展開される。

本作は、2020年春に日本国内で「Huluオリジナル」の連続ドラマとして配信予定。さらに、ヨーロッパの主要放送局や、中南米、HBO Asiaが網羅する23の国と地域での放送、そして各国の配信プラットフォームでの同時公開もすでに決定している。

製作総指揮は、エミー賞も受賞した世界的ヒットドラマ「HOMELAND/ホームランド」(Huluで配信中)のエグゼクティブ・プロデューサーを務めたRan Tellem(ラン・テレム)が務め、山下はメインキャストの1人として出演。

そして今回、撮影地の1つであるスペイン・カナリア諸島のテネリフェ島で現地時間9月13日に国際取材会を開催。

山下に加え、Katharine O'Donnelly(キャサリン・オドネリー/イギリス)、Alexandre Willaume(アレクサンドル・ウィローム/デンマーク)、Laura Bach(ローラ・バッハ/デンマーク)、John Lynch(ジョン・リンチ/イギリス)、Alvaro Morte(アルバロ・モルテ/スペイン)、Amelia Hoy(アメリア・ホイ/アメリカ)ら、総勢11人の主要キャストがインタビューに応じた。

流暢な英語で堂々と受け答えをする山下智久

国際色豊かなキャストやスタッフに囲まれ、物語において重要な役どころである研究員・Aki(アキ)を演じている山下。劇中で全編英語のセリフにも挑戦しており、通訳なしの取材会でも流暢な英語で堂々と受け答えをしていく。

取材会では、撮影に参加して約2カ月経つ山下が「この作品のチームは“ザ・インターナショナル”。キャストの皆さんと一緒にランチをしているときも、1つのテーブルで合計8言語も話せるんです!」と、“異文化が交錯する様子”を明かす。

さらに、「来たばかりのころは、たまに不安になって戸惑うこともありました。皆さん、優しくて素敵な方ばかりなんですけど、やっぱり文化の違いもありますし、言語的にもうまく伝わらないこともあって…」と心境を告白。

共演者やスタッフについては、「キャスト・スタッフとの距離が縮まるにつれて、それも徐々に改善されていき、当初よりはお互いにコミュニケーションをしっかり取れるようになったんです。このチームとは撮影や食事など、ずっと時間を共にしているので、今ではファミリーのような感覚になってきましたし、すごく大切な仲間です」と話す。

取材会を終えると、「こういう取材は初めてで、緊張しました。日本と違って段取りが細かく決められていないので、臨機応変能力が問われるというか…(笑)。でも、キャストの皆さんも普段通り柔らかい雰囲気だったし、僕も自然な状態で参加できました」と振り返った。

山下智久からのメッセージ (2/3)

「THE HEAD」
2020年春 Huluにて配信予定
<スタッフ>
製作総指揮:Ran Tellem
脚本:Alex Pastor、David Pastor
監督:Jorge Dorado

◆【ジャニーズ番組まとめ】はコチラ◆

関連番組

関連人物