<死役所>“出生の秘密”に苦しむハヤシ(清原翔)が犯した重罪とは

2019/11/13 07:30 配信

ドラマ

11月13日(水)の放送では、ハヤシ(清原翔)の抱える闇にシ村(松岡昌宏)が切り込む
11月13日(水)の放送では、ハヤシ(清原翔)の抱える闇にシ村(松岡昌宏)が切り込む(C)「死役所」製作委員会


死後の世界の“シ役所”を舞台にした、松岡昌宏主演ドラマ「死役所」(毎週水曜夜0:12-0:52、テレビ東京系)の第5話が、11月13日(水)に放送される。

同ドラマの原作は、あずみきしの同名漫画。シ役所の総合案内係・シ村(松岡)が、死者による申請書をもとに、彼らの生前の姿に迫っていく。

自殺や事故など、さまざまな理由で亡くなった死者のエピソードに、SNSでは「毎話号泣してる」「切ない…」という声が上がっている他、原作の再現度の高さも話題に。

また、“全員が死刑囚”というシ役所職員たちの過去も注目されており、第5話では、清原翔演じる生活事故死課の職員・ハヤシの壮絶な過去が明かされる。

ドラマホリック!「死役所」
毎週水曜夜0:12-0:52
テレビ東京系

◆2019年 秋ドラマをラインアップ!◆



◆【ジャニーズ番組まとめ】はコチラ◆

関連番組

関連人物