半沢直樹だけじゃない! 池井戸潤原作『七つの会議』八角民夫(野村萬斎)の“倍返し”<ザテレビジョンシネマ部>

2019/12/03 07:00 配信

『七つの会議』

『七つの会議』

(C)2019 映画「七つの会議」製作委員会

汗水たらして働く市井の人々の葛藤や絆を軸に、巨大企業が抱える矛盾をミステリー仕立てで暴いていく痛快エンターテインメント作品を数多く生み出してきた人気作家、池井戸潤。『半沢直樹(2013)』の半沢直樹をはじめ、『下町ロケット(2015~2019)』の佃航平や『陸王(2017)』の宮沢紘一、『ノーサイド・ゲーム(2019)』の君嶋隼人ら、池井戸原作のTVドラマの主人公たちに共通するのは、弱き立場に置かれながらも仲間と共に戦う“一大逆転劇のヒーロー”であることだ。

上記の4作品全てで演出を務めた福澤克雄が、映画では初めて池井戸原作を監督した『七つの会議(2019)』(12月7日夜8:00 WOWOWシネマ)で、野村萬斎演じる“居眠りハッカク”こと八角民夫も、その熱き主人公たちの系譜に連なっている。

大企業ゼノックスの子会社である中堅電機メーカー、東京建電。緊迫感みなぎる会議中でも平気で居眠りをする、典型的な昼行燈な社員である営業一課の万年係長の八角は、ある日、日頃の鬱憤を晴らすかのごとく営業一課の課長、坂戸(片岡愛之助)をパワハラで訴え、坂戸に異動処分が下される。そんななか、坂戸の後塵を拝してきた原島(及川光博)が後任課長に着任。原島は怠惰で有給を取ってばかりいるのにクビにならない八角の存在が気になり、社内でドーナツ販売を企画するOL優衣(朝倉あき)と共に八角の身辺を探り出す。だが、やがて社に隠された巨大な陰謀が浮かび上がり……というストーリー。

八角の真の狙いとは (2/3)

↓話題の映画や旬の俳優を掘り下げるコラム多数︕↓


[放送情報]
七つの会議
WOWOWシネマ 12/7(土)よる8:00
WOWOWプライム 12/8(日)午後5:00
WOWOWプライム 12/12(木)よる7:50
WOWOWシネマ 12/15(日)午後3:30
WOWOWシネマ 12/27(金)午後4:45
WOWOWプライム 1/1(水)よる8:50
WOWOWライブ 1/8(水)深夜2:45
WOWOWシネマ 1/21(火)よる7:00

関連番組

関連人物