勝地涼×伊藤淳史×瀧本美織、3人が初共演で奇跡の実話を映像化!伊藤「ハードルが高い作品だが、絶対他にはない作品になると感じた」<破天荒フェニックス>

2020/01/02 12:00 配信

「破天荒フェニックス」で倒産寸前のどん底からはい上がる奇跡のようなストーリーを見せる「サンデーズ」のメンバーたち

「破天荒フェニックス」で倒産寸前のどん底からはい上がる奇跡のようなストーリーを見せる「サンデーズ」のメンバーたち

撮影の空き時間にしゃべり過ぎて逆に疲れてしまうくらい

――勝地さん、伊藤さん、瀧本さんの3人での共演は今回が初めてだと思いますが、共演されての感想などはありますか?

勝地:伊藤さんとは初めての共演でしたが、過去に何度も共演したことがあると思わせてくれるくらい、僕の演技をしっかり受けてくれて信頼できる人という印象です。

撮影初日から共演シーンがあったのですが、初めてせりふを合わせたような感じが全くなかったですね。

伊藤:僕も知り合いの役者さんから涼くんについて「すっごいしゃべりやすくて、裏表のないストレートな人」というふうに聞いていて、実際お会いしたら本当にその通りの人でした。

本音とか気持ちをすごく分かりやすく見せてくれるので、最初から親密に関係が築けてお芝居にもすごくいい影響がありましたね。ありがたかったです。

瀧本:勝地さんと伊藤さんのお二人は大先輩なので、私が何をやってもしっかり受け止めてくださる包容力のある方々なので、演じていてすごく楽しいです。

勝地:ちょっと照れる(笑)。

瀧本:一緒に居ても楽しいですし、もちろん演じていても楽しかったです。

――現場の雰囲気の良さがすごく伝わってきますね。

勝地:撮影の空き時間にしゃべり過ぎて逆に疲れてしまうくらい、撮影現場の雰囲気はよかったです。

伊藤:あと、空いた時間に出演者のみんなでせりふ合わせをすることが多くて、現場の団結力がすごくいいなあって感じました。

――小野浩司監督からはどのような“熱い”指導などはあったのでしょうか。

勝地:小野監督もすごく熱い方なので、「この場面はこうしたい」というのが分かりやすい方ですし、ふざけるところもちゃんと楽しでくださるし、現場では楽しかったです。

――最後に、ドラマを楽しみにされている方へメッセージをお願いします。

勝地:今の時代、「熱いことがダサい」と思う方も多いかもしれませんが、僕はこの作品を通して「熱くたっていいじゃないか、悔しいと思ったら『悔しい!』と叫んだっていいんだ」ということを感じました。

僕自身、熱く生きていきたいと思って演じました。見ていただける方にそれが少しでも伝わればいいなと思います。

伊藤:すごくドラマチックにストーリーが次々と展開されていきますが、このドラマは“うそのような実話”を基に描いている作品なので、見ている方もこれは本当の出来事なんだと思いながら見ていただけると、よりエンターテインメント性が増す作品だと思います。

僕たち役者は本当に起きた出来事なんだというリアルさを持ちながら演じています。ぜひ第1夜から最後まで楽しみにご覧になっていただければと思います。

瀧本:私は、このドラマを通じて「仲間を大事にする」というメッセージをすごく感じました。

上下関係がなく、社員を仲間だと接して「みんなで天下取ろうぜ」っていう情熱を伝えてくれる作品なので、見ている方にもそういった部分を感じ取っていただけたらうれしいです。

「破天荒フェニックス」
2020年1月3日(金)~5日(日)
夜11:15-0:45
※5日は夜11:10-0:45
テレビ朝日系にて放送
※一部地域を除く

関連番組

関連人物