「エール」で話題!“ミュージックティーチャー”演じる古川雄大インタビュー!あの名場面の裏話も!【前編】

2020/07/16 08:15 配信

ドラマ

“ミュージックティーチャー”こと御手洗清太郎を演じる古川雄大
“ミュージックティーチャー”こと御手洗清太郎を演じる古川雄大撮影=平岩享


「どうも…。スター御手洗です!」。連続テレビ小説「エール」(NHK総合ほか)で、ヒロイン・音(二階堂ふみ)の“ミュージックティーチャー”(歌の先生)である御手洗清太郎を演じる古川雄大。6月放送の第13週では御手洗が主人公・裕一(窪田正孝)の所属するコロンブスレコードの新人歌手オーディションに応募。同じオーディションに参加する裕一の幼馴染・佐藤久志(山崎育三郎)と激しく火花を散らした。御手洗役で一躍、注目され、ミュージカル界のスターとしても知られる古川に初めての朝ドラ出演について話を聞いた。

――御手洗が上京し、久志と出会った瞬間から張り合う様子が爆笑を誘いました。

喫茶店で久志と初めて会う場面、台本には「ミュージカル風に歌いながらアドリブでセリフを交わす」と書かれていました。監督と、先輩である山崎育三郎さんと話し合い、「これはとんでもないことになるかもしれない」と言いながら、お互いの自信がどんどんぶつかっていくという流れに。御手洗が「私はスターよ」と言い、久志は「俺はプリンスだ」と言い合っている中でアドリブが出てきて、御手洗がくるくると回ってみせると、久志が「何を回ってるんだ」とツッコミ…。そのとき、僕は「回っちゃなんでダメなのよ」とちゃんと言い返したかったのに口が回らなかったんです。それに対して育三郎さんが「うん?」と聞き返したのもリアルな現場での反応です。僕はリハーサルを始めたときはくるくるしていなかったんですけど…。結果的にオンエアされたのはノってきた頃の回転です(笑)。

――山崎育三郎さんとドラマで共演したのは楽しかったですか?

はい、とても楽しかったです。育三郎さんは、ふだんミュージカルでも共演させていただいたり、近年はダブルキャストで同じ役をやらせていただいたりもしていて、すごく頼れる存在です。「エール」で一緒にやらせてもらえたのも、すごく安心感がありました。現場ではアドリブで任される部分が多くて、それも育三郎さんとの関係性があったからできたのかなと…。僕が出演させていただいた「あさイチ」(NHK総合、6/26放送)で育三郎さんが「(食事に)誘っても8割、9割は断ってきます」とコメントしていましたが、もし、今度誘われたら、絶対断らないようにします(笑)。

連続テレビ小説「エール」
毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか
NHK総合ほかで放送
※土曜は月~金曜の振り返り
※再放送(7月20日(月)~7月25日(土))の解説放送(副音声)を古川雄大が演じる御手洗清太郎が担当!

古川雄大さんも参加した主題歌「星影のエール」をドラマ出演者のみなさんが歌いつぐ「みんなで星影のエール」が完成!
番組ホームページからご覧いただけます♪
https://www.nhk.or.jp/yell/information/program/0709_02.html

ふるかわ・ゆうた=1987年7月9日生まれ、長野県出身。映画「コンフィデンスマンJP プリンセス編」(7月23日(木)公開)にクリストファー・フウ役で出演
オフィシャルSNS
【Instagram】https://www.instagram.com/yuta_furukawa_official/
【スタッフ公式Twitter】https://twitter.com/furukawa_staff

関連番組

関連人物