<試写室>「妖怪シェアハウス」澪(小芝風花)と妖怪たちの楽しい共同生活が動き出す!

2020/08/01 16:00 配信

「妖怪シェアハウス」第1話より

「妖怪シェアハウス」第1話より

(C)テレビ朝日

第1話のあらすじ

借金取りに追われ、キャリーケースを引きずりながら住宅街を逃げ走る1人の女の子、目黒澪(小芝風花)。彼氏の奥園健太郎(柾木玲弥)に助けを求めるために部屋へ向かうが、そこには健太郎のほかに女性の姿があった。

混乱する澪に健太郎は迷惑そうに帰れと言い放ち、実は二股をかけられていたうえに、自分が二番目だった事実を知る。そもそも借金を背負うことになったのは、健太郎が原因だった。

「妖怪シェアハウス」第1話より

「妖怪シェアハウス」第1話より

(C)テレビ朝日

人に嫌われることを恐れ、空気を読みながら真面目に生きてきた澪は、特にやりたいこともなく、とりあえず就職できた会社で事務として働いていた。

ゆくゆくは無難に社内恋愛、結婚、出産と考えていた中、おしゃれなイケメン・健太郎と出会ったのだが、これがとんでもない駄目男だったのだ。

デート代も趣味のアンティーク時計を買うためのお金も、澪を言いくるめては払わせ、挙句の果てには、結婚をちらつかせて健太郎の仕事のミスも澪が被ることになってしまった。

「妖怪シェアハウス」第1話より

「妖怪シェアハウス」第1話より

(C)テレビ朝日

結局、澪は会社をクビになり、借金を背負い、家も追い出される。全てを失い、健太郎にも突き放された澪は、失意の中、道端で倒れてしまったところを、伊和(松本まりか)という女性に助けられる。

伊和が住むシェアハウスで目覚めた澪は、住民たちに経緯を涙ながらに聞いてもらうが、どこか住人たちの様子がおかしい。その晩は空き部屋で寝かせてもらうことになったが、夜中に目覚め居間をのぞくと、そこには妖怪たちの姿があった。

独断と偏見レビュー! (3/6)

土曜ナイトドラマ「妖怪シェアハウス」
8月1日(土)スタート
毎週土曜夜11:15-0:05
テレビ朝日系で放送

脚本:西荻弓絵、ブラジリィー・アン・山田、綿種アヤ
演出:豊島圭介、山本大輔
エグゼクティブプロデューサー:内山聖子(テレビ朝日)
プロデューサー:飯田サヤカ(テレビ朝日)、宮内貴子(角川大映スタジオ)
番組公式Twitter:https://twitter.com/youkaihouse5
番組公式Instagram:https://www.instagram.com/youkaihouse5/

◆2020年7月夏ドラマ一覧!◆
7月スタート夏ドラマまとめ

関連番組

関連人物