浜辺美波“七桜”、 横浜流星“椿”との運命を揺るがす手紙に衝撃「何これ…」<私たちはどうかしている>

2020/09/08 06:00 配信

ドラマ

9月9日(水)放送の第5話では、椿(横浜流星)に心を動かされ、七桜(浜辺美波)は全てを打ち明けようと決意する

9月9日(水)放送の第5話では、椿(横浜流星)に心を動かされ、七桜(浜辺美波)は全てを打ち明けようと決意する

(C)NTV

浜辺美波横浜流星がW主演を務めるドラマ「私たちはどうかしている」(毎週水曜夜10:00-11:00、日本テレビ系)の第5話が9月9日(水)に放送となる。

同ドラマは、安藤なつみによる同名漫画をドラマ化した作品。老舗和菓子店・光月庵を舞台に、和菓子職人の七桜(浜辺)と跡取り息子・椿(横浜)の恋愛模様を描く。

互いに初恋の相手だったが、とある事件を境に“容疑者の娘”と“被害者の息子”という立場となってしまった二人。しかしその15年後、七桜は素性を隠して椿と結婚し、母の無実を証明しようと決意する。

第5話では、常に真っすぐな椿に心を動かされ、全てを打ち明けようと決意する七桜。そんな中、七桜は、椿の父・樹(鈴木伸之)が母・百合子(中村ゆり)に宛てた手紙と、「七桜へ」と書かれた封筒を見つけてしまう。

【写真を見る】「お前が好きだ」と七桜(浜辺美波)に思いを伝えるなど、常に真っすぐな椿(横浜流星)

【写真を見る】「お前が好きだ」と七桜(浜辺美波)に思いを伝えるなど、常に真っすぐな椿(横浜流星)

(C)NTV

公式サイトで見ることのできる第5話の予告動画や先行カットでは、「お前が好きだ」と七桜に気持ちを伝えたり、七桜の母を演じている夕子(須藤理彩)に対し、結婚式に出てほしいと頭を下げたりと、常に真っすぐな椿。

そんな椿に対して「もう、うそはつきたくない」と、全てを打ち明けようとする七桜の様子が公開されている。

一方、母・百合子と暮らした懐かしい部屋で「七桜へ」と書かれた封筒を見つけた七桜は、そこに書かれていた内容に「何これ…」と衝撃を受ける。

全てを打ち明ける決意をした七桜だが…注目の第5話では―― (2/3)

水曜ドラマ「私たちはどうかしている」
毎週水曜夜10:00-11:00
日本テレビ系で放送

◆2020年秋ドラマ一覧!◆
2020年秋ドラマまとめ

関連番組

関連人物