「小さな喜びを感じて」やまゆり園事件被害者家族と、一家の日常を追い掛けるディレクターの願い

2020/09/07 20:30 配信

芸能一般

「小さな喜びを感じて ~津久井やまゆり園事件・被害者家族の4年~」より。父・剛志さん、母・チキ子さん、一矢さん、姉・きえ子さん(2018年7月)

「小さな喜びを感じて ~津久井やまゆり園事件・被害者家族の4年~」より。父・剛志さん、母・チキ子さん、一矢さん、姉・きえ子さん(2018年7月)

(C)TBS

TBSでは毎月第1、第3日曜深夜に放送されている取材報道ドキュメンタリー「JNNドキュメンタリー ザ・フォーカス」。9月6日は、TBSテレビ制作の「小さな喜びを感じて ~津久井やまゆり園事件・被害者家族の4年~」を放送した。

2016年7月に起きた津久井やまゆり園事件を追ったドキュメンタリー。事件は神奈川県が開設した重度の知的障害者を中心に支援する大規模入所施設で発生。元職員の植松聖死刑囚が施設に侵入し、入所者19人を殺害、職員を含む26人に重軽傷を負わせたもの。

番組が追い掛ける尾野剛志(たかし)さん・チキ子さん夫妻の息子・一矢(かずや)さんも首や腹を刺され、一時は生死の境をさまよった。

事件の直後から名前と顔を出して取材を受け続けている剛志さん・チキ子さん。植松死刑囚が口にした障害者の存在を否定する差別的な発言に対して、その言動は、絶対に間違っていると、法廷で植松死刑囚に向き合い、言葉をぶつけた。「私たち家族は、悩みながらも小さな喜びを感じて生きているのです」と。

この夏、一矢さんは施設を出て、アパートでの生活を始めようとしている。そんな一矢さんに信頼できる介護士たちが寄り添う。

【写真を見る】両親の自宅にて、一矢さん46歳の誕生日会。右から2人目は担当介護士の大坪さん

【写真を見る】両親の自宅にて、一矢さん46歳の誕生日会。右から2人目は担当介護士の大坪さん

(C)TBS

多くの人に支えられ、一矢さんが幸せに暮らす姿を知ってほしい。それが植松死刑囚の主張に対する自分たち家族の答えだと剛志さんは話していた。

そんな尾野さん一家の4年間を追った映像。佐古忠彦プロデューサーは、「大きな事件に巻き込まれたけれど、前を向いて歩む家族の物語です。被害者のこうした状況を知らない方も多いでしょう。その現実を見ていただくことで、社会は少しでも前に進む。そんな作品だと思います。一矢さんと尾野さん一家への応援歌のような気持ちで見ていただけると、違う角度から事件を捉えることができるのではないでしょうか」と語っている。

TBSでの放送は終了したが、今後、関西のMBSテレビ(9月20日[日]朝5:40)をはじめ、広島・RCC中国放送(9月13日[日]深夜3:00、宮城・TBC東北放送(9月15日[火]深夜1:55)など、TBS系各局で放送される。今回、取材を担当したTBSテレビ・福田浩子ディレクターに話を聞いた。

ディレクターが語る番組に込めた思い (2/2)

JNNドキュメンタリー ザ・フォーカス
「小さな喜びを感じて ~津久井やまゆり園事件・被害者家族の4年~」
※TBSでは2020年9月6日に放送済。今後、TBS系各局で順次放送。MBSテレビ(9月20日[日]朝5:40)、広島・RCC中国放送(9月13日[日]深夜3:00、宮城・TBC東北放送(9月15日[火]深夜1:55)が決定している。
制作:TBS
ディレクター・福田浩子
プロデューサー:佐古忠彦

関連番組