バカリズムと女優3人が“かもしれない”を語る!前編

2015/06/19 10:01 配信

ドラマ

“もしも売れてなかったら”の世界の本人役を演じる3人が一堂に会するシーンも

“もしも売れてなかったら”の世界の本人役を演じる3人が一堂に会するシーンも

6月23日(火)にフジテレビ系で、バカリズム脚本によるドラマ「かもしれない女優たち」(夜10:00-11:24)が放送される。

同作はバカリズムが、竹内結子、真木よう子、水川あさみの3人が“もしも売れていなかったら”をテーマに脚本を描き、3人は売れていなかった場合の本人役をそれぞれ演じる。

先日、都内で取材会が開かれ、3人の女優たちと、脚本を務めるバカリズムが記者からの質問に答えた。

――台本に描かれたもう一人の自分について、読んだ時の感想を教えてください

竹内:私が私を演じるってなると、不思議な感じがしましたね。現実なのか、そうじゃないのか。でも、「ほとんどが私だしな」って思うと、そう見えているのかなって。自分自身も楽しんでみたらいいかなって印象を持ちました。

真木:やる前からバカリズムさんに、「私はかわいい路線で行きたいから、かわいいキャラクターで書いて」ってお願いしたから、結構かわいい自分を出してます(笑)。

竹内:(真木は)暴れる2人をなだめる人みたいなところがあるから。一番理解がある役どころな感じ。

水川:私は、自分のようで自分でない部分だったりとかがすごく不思議な感じで。自分が経験したエピソードだったりとか、打ち合わせの時にお話ししたものも含まれてたりするので、そういうところでリアリティーがあるのか面白いですね。楽しんでやらせてもらってます。

――この企画の発想のきっかけは?

バカリズム:そもそものきっかけは全く別の企画だったんです。打ち合わせで、「女優さんが全然売れてなかった場合の生活だったりとか、挫折とかを見てみたいな」っていう気持ちになりまして。「そういうのどうですか」って打ち合わせで言ったら、「それ面白いですね」ってなって、それからトントンと話が進んで。ただ、キャストが決まらないと僕は台本が書けないんですけど、キャストの方は台本がないと(オファーを)受けられないってなって(笑)。とりあえず「ギリギリのところまで概要を書きます」って言って。その概要だけでOKしてくださったから、ありがたいなって思いました。

――事前の取材にはどれくらいの時間を費やしましたか?

バカリズム:1~2時間くらいそれぞれお会いして、いろいろ生い立ちだとか、もし自分がこの仕事をしてなかったら何になりたかったとか、そういう話をして。ただ、その時点で僕の中である程度「この人はこうしたい」とかあったんですよ。だからもう、僕が思ってるように答えてほしいなって思いながら聞いてました(笑)。「俺はこう思ってたのに意外と違うんだ」っていうのも少しあって。

竹内:例えばがっかりした点は何ですか?

バカリズム:この中でもっとこう、「どんな形でも私は女優しかありません!」って人が1人はいてほしかった(笑)。すんなり「この職業をやってなかったら」っていう質問に答えてたから、そこまでの執着はないのかなと(笑)。全然だめなのに最後までしがみつくような人がいたら面白いかなと思ってて。何となく話してたら、皆さん仮に別の職業に就いたりしても、意外と普通にやっていけそうだなって感じがして。なんか、もう本当にこの仕事じゃないと絶対に成立しないような人がほしかったんですよ(笑)。でも、打ち合わせをしながらいろいろな発見もありまして、そういったものを加えて、微調整しながら書かせていただきました。

【バカリズムと女優3人が“かもしれない”を語る!後編に続く】

「かもしれない女優たち」
6月23日(火)夜10:00-11:24
フジテレビ系で放送