ドラマ“監獄学園”キャスト解禁! 主人公に中川大志

2015/09/05 07:01 配信

ドラマ

注目を集めるドラマ「監獄学園―プリズンスクール―」のキャストが発表され、主人公・キヨシを中川大志が演じることが決定!

注目を集めるドラマ「監獄学園―プリズンスクール―」のキャストが発表され、主人公・キヨシを中川大志が演じることが決定!

人気漫画の実写ドラマ化で注目を集める、ドラマ「監獄学園―プリズンスクール―」がMBSでは10月25日(日)、TBSでは10月27日(火)から放送されることが決定。さらにキャストが発表され、主人公・キヨシを中川大志が務めることが分かった。

同作は、第37回講談社漫画賞を受賞し、累計600万部を売り上げた平本アキラ原作の大人気作品。現在、TOKYO MXほかでアニメ版も放送中。全寮制の元女子高・私立八光(はちみつ)学園へ入学してきたキヨシら男子生徒5人が、女風呂をのぞき見ようとした罰で“裏生徒会”によって懲罰棟(通称:プリズン)に投獄。そこから脱獄を試みる姿を描く。

8月に実写ドラマ化が発表されてから個性派ぞろいの登場人物を誰が演じるか注目されていたが、ついにそのキャストが発表された。

主人公・キヨシは、映画「通学途中」(11月21日(土)公開)やドラマ「南くんの恋人―」(11月スタート、フジテレビ)などを控える、今注目の若手俳優・中川大志が演じる。

中川は「これまで漫画を読んだことなかった僕が、腹筋が崩壊するほど笑って、衝撃を受けた作品は『監獄学園』が初めてでした。気付けばこの作品の世界観にどっぷりとハマり、とりこになっていました」と明かし、「いちファンとして、原作を読み込み、キヨシを愛し、少しでもキヨシに近づきたいという思いで演じました。実写化され、より生々しく、より面白くなったドラマ『監獄学園―プリズンスクール―』をぜひ楽しみにお待ちください!」と意気込んだ。

原作ファンの人気が高い、キヨシら男子を懲罰棟に投獄した“裏生徒会”の3人には、フレッシュな面々がそろった。

男を嫌悪し、その美貌と権力で女子生徒を束ねえる会長・栗原万里には山崎紘菜、全国4位の空手の実力を持つ一見ゆるふわ系の書記・緑川花を森川葵、万里に忠誠を誓い、男子たちを厳しく監視する副会長・白木芽衣子を “グラビア史上最高のボディー”とうたわれ、近年、女優としても活躍の場を広げる護(まもる)あさなが演じる。護が再現した “芽衣子ボディー”は必見だ。

また、キヨシと共に戦う男子4人にも個性的なメンバーがそろった。“練馬イチの知将/猛将”と自称する三国志オタクのガクトを柄本時生、金髪リーゼントのヤンキー風男子・シンゴを矢野聖人、仲間思いで優しいが、実は一番のドMであるアンドレをガリガリガリクソンが務める。アリを飼育するのが趣味で、常にフードをかぶっているジョーは、連続ドラマ初出演となる話題の人物が演じるが、詳細は後日発表される。

さらに、キヨシが思いを寄せる相撲好きの同級生・千代を武田玲奈、シンゴが憧れる1つ上の先輩・杏子を新木優子が演じる。

そして、ダンディーだが、女性の尻をこよなく愛する八光学園の理事長は、圧倒的な存在感を放つベテラン、高嶋政宏が務め、その熱い役者魂で若手たちを引っ張る。

“実写化不可能”の言われた本作の監督に挑むのは、中川翔子主演映画「ヌイグルマーZ」('14年)などを手掛けた井口昇。井口のこだわりで「ここはさすがに実写では無理だよな…」と思われてしまうような漫画の名シーンも意欲的に取り込み、キャストが体当たりで臨んでいるという。

そんな期待あふれる本作の映像が、現在放送中の「となりの関くんとるみちゃんの事象」の第7話(MBSは9月6日(日)、TBSは9月8日(火))の最後で初解禁される。

「監獄学園―プリズンスクール―」
10月25日(日)スタート
毎週日曜夜0:50-1:20
MBSで放送
※TBSは10月27日(火)スタート
毎週火曜夜1:11-1:41

出演=中川大志、山崎紘菜、森川葵、護あさな、ガリガリガリクソン、武田玲奈、新木優子、矢野聖人、柄本時生、高嶋政宏

関連番組

関連人物