閉じる

仲谷昇(なかやのぼる)

  • ニュース

  • 放送情報

  • 出演情報

仲谷昇のプロフィール

誕生日
1929年5月4日
星座
おうし座
出身地
東京都
血液型
A型
俳優。法律家を目指して大学の法学部に入学するが、演劇に興味を持ち、大学を中退して文学座附属演劇研究所に入所。今井正監督『にごりえ』でスクリーンデビューし、中平康監督作品で主演を務めた。文学座脱退後、劇団雲の結成に参加。その後、演劇集団 円を結成した。TV番組にも出演が多くなり、深夜番組「カノッサの屈辱」の教授役で人気を集めた。

仲谷昇のニュース

  • 菊地凛子ら、小栗旬主演大河ドラマの新たな出演者が発表!役柄の詳細を一挙公開<鎌倉殿の13人>

    菊地凛子ら、小栗旬主演大河ドラマの新たな出演者が発表!役柄の詳細を一挙公開<鎌倉殿の13人>

    2022/06/08 18:18
もっと見る

仲谷昇の放送情報

  • No Image

    第6話 さらば鬼平犯科帳 #5 おれの弟

    2022年12月8日(木) 昼0:30/テレビ愛知

  • No Image

    第1話 ミステリー・セレクション 世直し公務員 ザ・公証人5

    2022年12月9日(金) 朝9:59/BS-TBS

もっと見る

仲谷昇のドラマ出演作

  • No Image
    女検死官(2000年)
  • No Image
    月下の棋士(2000年)将棋に命をかける男の姿を描く。天涯孤独の将介は、伝説の棋士に鍛えられた腕前で、プロになるために上京。個性的な相手を破りながら名人位を目指していく。
  • No Image
    深く潜れ〜八犬伝2001〜(2000年)自分と親友の前世を確かめようと無人島ツアーに参加した、女子短大生の運命を描く。ごく普通の女子高生だった香美は友人関係に疲れを感じながら、日常を送っていた。だがある日、事故で頭を強打。その後同級生のアボに自分たちが前世恋人同士だったと言われ、動揺する。
  • No Image
    青い鳥(1997年)信州ののどかな田舎町・清澄。理森の勤める小さな駅に、垢抜けた美しい母子が降り立った。かほりは、町の実力者・綿貫純一朗の跡取り息子、広務の妻。誌織は、ホステスをしていたかほりが前夫との間にもうけた子供だった。そんな母子に体裁を重んじる純一朗の目は決して温かくない。いつしか詩織は通学の度に顔を会わせる駅員の理森になつき、父親や祖父以上に心を許していく。一方、広務の愛に満たされないものを感じていたかほりも、素朴な理森に惹かれていく。
もっと見る

仲谷昇の映画出演作

  • No Image
    狙撃(2010年)
  • No Image
    極道三国志3 血染めの九州死闘篇(2000年)
  • No Image
    7月7日、晴れ(1996年)
  • No Image
    遠き落日(1992年)
もっと見る

仲谷昇のその他出演作

  • No Image
    ウルトラマンレオ(1974年)
もっと見る

仲谷昇の関連人物

  • No Image

    丹波哲郎

  • 堀田真由

    堀田真由

  • 福地桃子

    福地桃子

  • 坂口健太郎

    坂口健太郎

  • No Image

    新垣結衣

  • No Image

    山中崇

  • 尾上松也

    尾上松也

  • 大泉洋

    大泉洋

  • 小池栄子

    小池栄子

  • 小栗旬

    小栗旬

  • フレッシュ美男美女特集

    フレッシュ美男美女特集

  • BLUE ENCOUNT田邊駿一のドラマ語り!

    BLUE ENCOUNT田邊駿一のドラマ語り!

  • 【秋アニメまとめ】2022年10月期の新アニメ一覧

    随時更新中!【秋アニメまとめ】2022年10月期の新アニメ一覧

  • 草彅剛のお気楽大好き!WEB

    草彅剛のお気楽大好き!WEB

  • アイドルにとって“恋愛”は悪?「ジルコニアのわたし」

    オリジナルコミック連載!アイドルにとって“恋愛”は悪?「ジルコニアのわたし」

  • ぼる塾の酒寄さんちょっと聞いてくださいよ

    第14回公開!ぼる塾の酒寄さんちょっと聞いてくださいよ

もっと見る

Q&A

仲谷昇の誕生日は?
1929年5月4日です。
仲谷昇の出身地は?
東京都です。
仲谷昇の星座は?
おうし座です。
仲谷昇の血液型は?
A型です。
仲谷昇のプロフィールは?
俳優。法律家を目指して大学の法学部に入学するが、演劇に興味を持ち、大学を中退して文学座附属演劇研究所に入所。今井正監督『にごりえ』でスクリーンデビューし、中平康監督作品で主演を務めた。文学座脱退後、劇団雲の結成に参加。その後、演劇集団 円を結成した。TV番組にも出演が多くなり、深夜番組「カノッサの屈辱」の教授役で人気を集めた。