閉じる

田中公平(たなかこうへい)

  • ニュース

  • SNS

  • 出演情報

田中公平のプロフィール

誕生日
1954年2月14日
星座
みずがめ座
出身地
大阪府大阪市中央区戎橋
「エスパー魔美」や「勇者王ガオガイガー」、「サクラ大戦」、「ONE PIECE」など幅広くアニメの音楽を手がける作曲家。

田中公平のニュース

  • 「『サクラ大戦』は、まさしく大作と呼ぶに相応しい作品」アニメ「新サクラ大戦」佐倉綾音、山村響、福原綾香インタビュー

    「『サクラ大戦』は、まさしく大作と呼ぶに相応しい作品」アニメ「新サクラ大戦」佐倉綾音、山村響、福原綾香インタビュー

    2020/04/02 12:00
  • 坂東龍汰、憧れていた藤竜也との共演に「毎日楽しく撮影に臨めました」

    坂東龍汰、憧れていた藤竜也との共演に「毎日楽しく撮影に臨めました」

    2020/03/27 14:27
  • 藤竜也主演ドラマが放送!アニメ「ONE PIECE」の田中公平が約30年ぶりにテレビドラマの音楽を担当

    藤竜也主演ドラマが放送!アニメ「ONE PIECE」の田中公平が約30年ぶりにテレビドラマの音楽を担当

    2020/01/23 20:23
  • 田中公平、早見沙織が「サクラ大戦」の楽曲を生バンドで初演奏!森口博子「Anison Days”自信の回”になりました」

    田中公平、早見沙織が「サクラ大戦」の楽曲を生バンドで初演奏!森口博子「Anison Days”自信の回”になりました」

    2019/12/20 08:00
もっと見る

田中公平のSNS

  • 手書きの譜面に拘る理由

     PC文化が発達した現在文章も、絵も、画像編集も、自宅のPCで手軽に出来るようになりました。我々作曲家も譜面も、当然な…

    アメブロ 田中公平のブログ My Quest for Beauty 59日前

  • サクラ楽曲の使用に関して

     新サクラ大戦の舞台。好評のうちに千秋楽の幕を下ろすことが出来ました。多数のサクラファンの応援のおかげです。 ありがと…

    アメブロ 田中公平のブログ My Quest for Beauty 240日前

  • 舞台新サクラ大戦再出発!

      昨今のコロナ禍で一旦延期、となっていた新サクラ大戦の舞台がようやく今冬に再出発することとなりました。ご心配をおかけ…

    アメブロ 田中公平のブログ My Quest for Beauty 397日前

  • 田中公平印

     ネットの世界で、『この曲、田中公平らしい』とか『絶対、田中公平だよね』のような意味の言葉を良く見かけます。 いち作曲…

    アメブロ 田中公平のブログ My Quest for Beauty 464日前

  • 4月アニメ主題歌情報

      この4月から、私の関わったアニメの主題歌、エンディングが一気に増えます。ですので、ここにまとめて書いておきますね。…

    アメブロ 田中公平のブログ My Quest for Beauty 481日前

  • 新サクラ大戦 キャラソンネタバレ(2)

      これは、本当にネタバレなのでクリアされた方に。 『ルリルラん 銀座ロマン』作詞 藤林聖子編曲 岩崎文紀歌唱 吉岡茉…

    アメブロ 田中公平のブログ My Quest for Beauty 560日前

手書きの譜面に拘る理由
2021/05/25 10:41アメブロ

 PC文化が発達した現在

文章も、絵も、画像編集も、自宅のPCで手軽に出来るようになりました。

我々作曲家も譜面も、当然ながらほとんどの人はPCで譜面制作を

するようになりました。

 

余計な手間が省け、コピペが簡単に出来て、パート譜の制作、

綺麗でしかも読みやすく、保管も場所を取らない。

良い事ばかりです。

 

しかし、私は未だに全ての作曲を『手書き』で行っています。

PCオンチではありません。

現に30年前から、自作のPCソフトで楽曲の打ち込みを初めており

『摩訶不思議アドベンチャー』など、共同で打ち込み制作をしていました。

 

では、なぜ便利だらけのPC譜面を使わないのか?

 

それは、『作家の思い、熱さが伝わらない、と思っているから』

思っている、と言うのは私の感覚なので違う意見を否定するものではありません。

 

『筆圧』って良く言いますよね。

 

過去の自分の書いた譜面を読んでみると、この『筆圧』が異常に強い事が

良くあります。

きっとその部分は、伝えたい思いが半端なく大きくて、そうなったんだろう

と、良くわかります。

 

実際その部分の演奏も、演奏者さん達に思いが伝わったようで

本当に熱く、良い演奏になっていました。

 

『言霊』って言葉があるように音符にもその一つ一つに『音霊』があり、

音符の後ろに潜む作家の思いや意図が、PC譜面では発動しないような気がします。

 

 

私が中学生の頃、何かの展示会で

ワーグナーの『トリスタンとイゾルデの前奏曲』の手書き総譜を見たときに

心の底から感動しました。

一枚の絵画のように広がる譜面から感じる『音霊』に

打ちのめされた感覚でした。

 

同じように7〜8年前にフィンランドでシベリウスの交響曲第二番の1楽章の

冒頭のあの有名な和音の連続の読んだ時

その前に消されていた最初の楽想も微かに読めました。

『最初、シベリウスはこんな和音で始めようとしてたんだ』

と、深く感動し、その微かに読める音符を書き写して来ました。

 

このように『手書き総譜』は、音楽を演奏するためのただの一つの便利ツール

だけではなくて、

作家の全てを伝える『過去からのメッセージ』だと思っています。

 

私が、過去の巨人達の足元にも及ばない事は理解した上で

自分も、過去の自分に負けないように過去の譜面から受けるメッセージを

深く理解して、

明日からもせっせと、手間と時間のかかる『手書き』を続けて行きたい

思っています。

 

何せ『過去の自分が一番のライバル』なんですから。

サクラ楽曲の使用に関して
2020/11/26 07:16アメブロ

 新サクラ大戦の舞台。

好評のうちに千秋楽の幕を下ろすことが出来ました。

多数のサクラファンの応援のおかげです。

 

ありがとうございました。

 

声優ではない俳優が役を演じる事に、マイナスな考えを持たれた方々の

気持ちは良く分かっていましたが、

昨今の声優さんの以前とは違う状況での(特にスケジュール面)声優舞台は

もはや実現不可能でしたので、まずはこの方法しか無かった上での俳優起用でした。

 

しかし、彼女達舞台花組は、予想を遥かに越える素晴らしい演技と歌唱で

全ての杞憂を吹き飛ばしてくれました。

今後も彼女達に大きな期待を持っています。

 

 

さて、その舞台花組が今までのサクラ既成曲を歌う事について

ちゃんと書いておきたいと思います。

 

今回の舞台では既成曲は『夢みていよう』と『花の戦士』を披露いたしました。

大好評で、特にこの歌を知らない若い世代の人の心にも(もちろんご存知の方にも)

響いたようで、

『感動しました』の声は大きかったと思います。

 

しかし、この曲は忘れられようとしていた名曲(自分で言うのもなんですが)

でした。

公の場で歌われる機会が全くなかったからです。

わずかに小さいイベントなどで扱われる程度。

なぜなら、この歌のオリジナル歌手の皆さんが揃う機会が

色々な事情で作れなかったから。

 

つまり、オリジナル歌手が歌わないと『楽曲自体が命を失う』と言う現象です。

これは、少しおかしな事ではないでしょうか?

 

 

ロイドウェバーと言う作曲家は、自分の愛する妻サラブライトマンのために

『オペラ座の怪人』を書きました。

これは、サクラよりももっと彼女のために書いた『あて書き』なので

サクラ楽曲よりも親和性が高いと思います。

 

しかし、今ではどうでしょう!

 

サラブライトマン以外のたくさんの歌手によって歌い継がれています。

それについて、ロイドウェバーもサラブライトマンも、容認していますし

好意的に受け取っています。

(映画『オペラ座』では彼は、全く若い人を主役にしたくらい)

 

『オペラ座』が世界的な名曲になったのは、たくさんの違う歌手が

世界中でたくさん歌ってくれたからに違いないのです。

 

そもそも楽曲と言うのは、世間に出てしまったら、どこで誰に歌われようと

仕方ないものです。

 

もちろん、著作権者はそれを止める事は出来ますけど。

 

 

ここで、広井王子さんからメッセージを頂いておりますので紹介します。

 

『サクラ楽曲は、公平さんと私で凄く苦労して作った子供のようなものです。

 次の舞台では既成楽曲も、公平さんが自由に選曲して

 次の若い世代に渡してください。

 歌手が変わってとしても、歌い継がれる事は、とても嬉しいです』

 

 

さすが広井さん、私はこの文を頂けて、本当に嬉しかった。

涙が出ました。

 

 

以上の事を踏まえた上で、次回公演にはサクラ既成曲を

使わせて頂く事にしました。

 

 

ただ、私も皆様に思い入れのあるキャラのキャラソンを

無闇に違うキャラに歌わせる事は致しません。

それでも、すみれさんはどうするの?

と、言われています。

これは、(打ち合わせはまだですが)舞台すみれさん用に新曲を作りたいと

思っています(現在の私の気持ち)

 

帝都、巴里、紐育の個性が出過ぎた曲も難しいと思います。

 

まずは、歌謡ショウの劇中歌から探し、あとは『夢みていよう』などの

普遍的な歌を選曲しようと思っています。

 

私は、素晴らしいサクラ楽曲を死なせたくない!

以前から愛してくれている世代のファンの方々が、次の世代の方々に

『サクラの曲って、こんなに良いんだよ』

って、言ってもらえる機会を作りたい!

 

私と広井さん、著作権者二人からのお願いです。

 

是非とも、ご理解を頂きたいと思います。

 

田中公平

 

 

 

舞台新サクラ大戦再出発!
2020/06/22 09:00アメブロ

 

 昨今のコロナ禍で一旦延期、となっていた新サクラ大戦の舞台が

ようやく今冬に再出発することとなりました。

ご心配をおかけしていたファンの皆さん、お待たせいたしました!

 

舞台で花組を演じる役者さん達も、最後の通し稽古の直前で

延期の報告を受けて、

かなりショックだったと思いますが、

この待機期間を無駄にしないで、さらなる進化を遂げた花組として

これからの稽古に臨んで行かれる事でしょう。

 

乞うご期待!と言うところです。

 

で、ちょうど良いのでこの機会に改めて声優さんではなくて『役者起用』

について、述べさせて頂きます。

 

大きく言って

1)現在の声優さんの成り立ち

2)現在の声優さんの日常スケジュール

3)事務所さんの方針

4)その他

の4つの理由があります。

 

1)は、昔、声優と言う職業は今ほど確立されておらず、『俳優さん』が

  声優もやると言う、言わば『副業感』がありました。

 当然、俳優さんなのでTVや映画のお芝居や舞台に出る事がメインの活躍場所です。

 それに比べ、現在では『専業声優』と言う職業が確立され、声の仕事だけで

 人前でお芝居しないお仕事で身を立てる事ができるようになりました。

 (実際、人前でお芝居しなくても良いから声優になったと言う人を知っています)

 

2)現在、売れっ子声優さんは、昔のスケジュールとはまるっきり違います。

 アフレコ現場を何本も掛け持ち(今はコロナで休止状態ですが)

 ラジオ番組、TV出演、歌手としての活動によるライブ、歌録音、ビデオ撮影

 土日は各イベント出演、雑誌などの取材などなど

 分刻みのスケジュールをこなしておられます。

 

3)当然、2のようなお仕事が中心になりますので、事務所さんの方針として

 それ以外の、時間がかかるのに収入が少ない舞台などは、極力避けたい気持ちに

 なります。

 

4)は、ファンの皆様方の意識の変化です。  

 人気声優さんに『タレント』『アイドル』『歌手』『MC』として、など

 様々な活躍を熱望されるようになりました。

 

上記の理由により、声優さんのスケジュールを頂く事は物凄く大変に

なりました。

 

 

今の花組のある声優さんなど、1曲の歌の録音のスケジュールを

お願いしたところ『2ヶ月先の2時間なら空いてる』

と言う返事を事務所さんから頂いた事もあります。

そして、それは特別な事では無いのです。

 

それほど今が『旬』の声優さんは、忙しいのです。

 

この状態で、『声優による舞台』を望まれても、十分な稽古など望めず

彼女達本人、そしてスタッフ、ファンの皆様の期待に、とても応えられない事は

容易に予想出来ます。

 

1日限りの、言葉は悪いですけど『やっつけイベント』のようなものなら

可能ですが、サクラの舞台で、皆さんはそれを望んでいないでしょう。

旧サクラ大戦歌謡ショウは、舞台として凄かった!印象が残っているなら

尚更の事です。

 

ですので、最初から今回の花組さんのメンバーを決める時には

『舞台』は別の『役者さん』で、と決まっていました。

 

それにより、実際『佐倉さん』『内田さん』『早見さん』『福原さん』『山村さん』

と言う、花組が奇跡的に成立出来たのです。

 

もちろん、彼女達の中には、『舞台もやりたい』と言われている方もおられます。

 

しかし、一人だけでも欠けると花組としても良くないので、

やはりここは『俳優さん』で公演することにしました。

 

でも、今回の役者さんは凄い多数の中からオーデシションで選ばれた方々なので

素晴らしいです。

『関根さん』『高橋さん』『沖さん』『平湯さん』『寒竹さん』

ビジュアルは完璧で、『演技』も『歌唱』も素晴らしい方々です。

 

観劇を期待して頂いているファンの皆様にも、必ず満足頂けるような舞台を

お届けするように努力いたしますので、

ぜひ!ご覧くださいね。

  

田中公平印
2020/04/16 09:29アメブロ

 ネットの世界で、

『この曲、田中公平らしい』とか『絶対、田中公平だよね』

のような意味の言葉を良く見かけます。

 

いち作曲家である私の事を、その作風によって認識してくださっていて

また、それに言及してくれて

本当にありがたい事です。

 

昔は、なかなか作品のスタッフの中で作曲家まで注目されなかったのですが、

近年は、多士済々の作家が出現してくれたお陰で

皆さんの目に留まるようになりました。

これも嬉しい傾向です。

 

で、ここからが本題。

皆さんがおっしゃる『田中公平らしい』って一体なんだろう?

 

世間が私の作風として認識している『燃える作曲家』としての一面が

その大半であると思いますが、

(『ワンピース』『ゲキテイ』『ガオガイガー』『Gガンダム』など)

それは私の一部に過ぎず、もっと違う曲調、ジャンルの作品も

多数あります。

 

例えば、『氷菓』のBGMや『ああっ!女神様』の OPテーマ

『アニメ鬼平』の由紀さおりさんの歌うエンディングや『かいけつゾロリ』の BGM

『花咲く乙女』のようなサクラの美しい日本歌謡、、、などなど。

 

しかし、それも私らしい作品と聴き手に感じてもらえている。

 

その理由は、

作品、作風が違おうと、その全てに『田中公平印』を押しておこう、

と考えて作曲しているからです。

 

絵画で最後に作家が絵の端っこに書く『サイン』みたいなものです。

 

これを、自分の曲の中にもれなく入れておこう、と。

 

これは、凄く分かりやすく入っている『ゲキテイ』みたいな曲と、

良く聴いても、なかなか分かりにくい曲があります。

 

ただ、それに共通している『印』があるのです。

そしてその『印』には複数の違う『カタチ』があります。

 

それが何であるか?私だけにしか分からないので、

ここではその正体をバラさないようにしますが、

もし、興味がお有りなら、探してみてください、その『印』とやらを。

 

一つだけその『印』の種類を書きます。

それは『クライマックス』と『サブクライマックス』です。

 

あらかじめ曲の前半にその両方(あるいは片方)の伏線を張っておき

徐々に(あるいは一気に)その2つの伏線を回収して行く経緯に(あるいは一音に)

『印』があります。

 

何か、高尚な事を書いているようですが、

実はテクニック的にはそれほど難しい事では無いのです。

 

ただ、そこには少し私なりの『哲学』や『モットー』がありまして

これを話すと長くなり過ぎますので、次の機会にしたいと思います。

 

皆様の心に少しでも届くように、と

一曲、一曲、深く考えて作曲する上で、この『印』をどこかに押しておくのが、

私の楽しみでもあります。

 

 

 

 

 

4月アニメ主題歌情報
2020/03/29 16:37アメブロ

 

 この4月から、私の関わったアニメの主題歌、エンディングが一気に増えます。

ですので、ここにまとめて書いておきますね。

 

4月3日(金)22時〜 MX-TV他

 新サクラ大戦 the animation

 『檄!帝国華撃団<新章>』(主題歌)

 『桜夢見し』(エンディングテーマ)

 

4月5日(日) 19時〜 NHK e-テレ

 もっと!まじめにふまじめ かいけつゾロリ

 『もっと!もっと!かいけつゾロリ』(主題歌)

 

4月6日(月) 24時30分〜 MX-TV他

 プリンセスコネクト!Re:Dive

 『Lost Princess』(主題歌)

 

と、新曲が一気に4曲も流れます。

 

それに合わせて従来からの

 ワンピース

『Over The Top』

もありますので、全部で5曲となります。

 

このボリュームは、人生でも初の出来事!

 

ぜひ!聴いてくださいね。 

新サクラ大戦 キャラソンネタバレ(2)
2020/01/10 14:43アメブロ

 

 これは、本当にネタバレなのでクリアされた方に。

 

『ルリルラん 銀座ロマン』

作詞 藤林聖子

編曲 岩崎文紀

歌唱 吉岡茉祐(西城いつき)

 

この曲は、最初からコンセプトが決まっていて、

昼は花組の熱狂的ファンが、実は夜には『月組』として

情報活動に従事する『いつき』と『ひろみ』(今回はいつきのみ)

の歌を作って欲しい

と、制作側からの要望でした。

 

明るい『昼の顔』と暗躍する『夜の顔』を同じ曲で表現するには

どう言う方法が的確か?

 

で、出た結論がこの曲です。

 

前奏から1番の終わりまでは、必要以上に明るく、跳ねて、

キャピキャピ感満載にし、

それとは全く対照的に間奏から2番は、

スパイとして銀座を嗅ぎ回る危険な任務を表した曲にしました。

 

その方法として、1番も2番も同じメロを使用しております。

違う所は、メジャーとマイナーの違いだけです。

ただ、これもなかなか難しくて、

メジャーのメロは良くても、そのまま同主調転調してマイナーにしたら

全く変なメロになってしまい、違和感だけしか残らない、

なんて事にもなりかねません。

 

1番も2番もメジャーもマイナーも、

どちらも自然な曲として成立させないと、この曲のコンセプトが

崩壊してしまうからです。

 

なんとか、藤林さんと岩崎さんの協力もあって完成しましたが、

歌う方は大変だったと思います。

 

吉岡まゆしいには、事前に歌い方を指示しておいて

練習してもらってレコーディングしたのですが、

彼女も相当苦労しておられました。

 

何度かやってみて、どちらの歌い方にも極端に差をつけよう、

デフォルメ感を出そうとの案が出て、その結果、

非常に対照的な二面性を持った

このような良いテイクが録れました。

 

まゆしいの録音後の感想は

『私のファンの人達、凄くビックリするんじゃないかな?

 だって、1番も2番も、今までの楽曲の中で

 一度もチャレンジしたことない歌い方だから』

でした。

 

彼女の新しい一面を引き出せたなら、嬉しいですね。

 

さて、皆さんの感想はいかがでしょうか?

2018年7月18日撮影

もっと見る

田中公平のアニメ出演作

  • No Image

    DEAD HEAT

もっと見る

田中公平の映画出演作

  • No Image

    劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』(2019年)

  • No Image

    ONE PIECE STAMPEDE(2019年)

  • No Image

    映画かいけつゾロリ ZZのひみつ(2017年)

  • No Image

    映画かいけつゾロリ うちゅうの勇者たち(2015年)

もっと見る

田中公平のその他出演作

  • No Image

    発表!全マクロス大投票

もっと見る

田中公平の関連人物

  • 岡村明美

    岡村明美

  • No Image

    山口勝平

  • 田中真弓

    田中真弓

  • No Image

    尾田栄一郎

  • 中井和哉

    中井和哉

  • 大谷育江

    大谷育江

  • No Image

    平田広明

  • 山口由里子

    山口由里子

  • No Image

    矢尾一樹

  • No Image

    青野武

  • ぼる塾の酒寄さんちょっと聞いてくださいよ

    ぼる塾の酒寄さんちょっと聞いてくださいよ

  • 原作コミック・小説まとめ

    夏ドラマ原作を紹介!原作コミック・小説まとめ

  • 「ザテレビジョン」からのプレゼント!

    「ザテレビジョン」からのプレゼント!

  • フレッシュ美男美女特集

    増子敦貴、恒松祐里が登場!フレッシュ美男美女特集

  • 草彅剛のお気楽大好き!WEB

    Vol.270更新!草彅剛のお気楽大好き!WEB

  • 岡崎紗絵のSaestagram

    「ナイト・ドクター」出演で話題!岡崎紗絵のSaestagram

もっと見る

Q&A

田中公平の誕生日は?
1954年2月14日です。
田中公平の星座は?
みずがめ座です。
田中公平の出身地は?
大阪府大阪市中央区戎橋です。
田中公平のプロフィールは?
「エスパー魔美」や「勇者王ガオガイガー」、「サクラ大戦」、「ONE PIECE」など幅広くアニメの音楽を手がける作曲家。