池松壮亮のその他出演作

  • No Image
    1億3000万人のSHOWチャンネル(2021年)VTR出演
  • No Image
    VS魂(2021年)出演相葉雅紀がキャプテンを務め、キャプテン補佐の風間俊介らレギュラーメンバーが、ゲストとさまざまなアトラクションゲームで対決するゲームバラエティー。前番組「VS嵐」のコンセプトはそのままに、ゲームを一新し、新たなテイストが追加されている。
  • 突然ですが占ってもいいですか?
    突然ですが占ってもいいですか?(2020年)ゲスト街で突然占いを持ち掛ける占い突撃番組。福岡・博多出身で人気と実力を兼ね備える占い師・木下レオン、ゲッターズ飯田の一番弟子で美容占いや開運ファッションを得意とする占い師・ぷりあでぃす玲奈らが街行く人を占っていく。スタジオには“フォーチュンウォッチャー(幸運見届け人)”として沢村一樹、水野美紀、池田美優が出演。
  • No Image
    2020年の銀杏BOYZ(2020年)VTR出演
  • No Image
    緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦(2018年)出演
  • No Image
    緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦7〜巨大怪物も絶滅危惧種も出た!出た!〜(2018年)出演
  • チコちゃんに叱られる!
    チコちゃんに叱られる!(2018年)ゲスト好奇心旺盛でなんでも知っている東京・白金在住の5歳の女の子、チコちゃんが素朴な疑問を、MCの岡村隆史(ナインティナイン)やゲストたちに投げかけるクイズ形式のバラエティー。もし答えられないと「ボーっと生きてんじゃねえよ!」とチコちゃんに叱られてしまう。チコちゃんの声は、木村祐一が担当する。
  • 激レアさんを連れてきた。
    激レアさんを連れてきた。(2017年)ゲスト2016年10月から2017年9月まで放送された「アップデート大学」をリニューアル。あまりにもレアすぎる“激レア”な体験をした人=激レアさんを“研究サンプル”として採集してスタジオに集め、その体験談をひもといていくバラエティー。オードリーの若林正恭と弘中綾香アナが、研究員と研究助手となってMCを務める。
  • No Image
    さまスポ(2017年)出演
  • No Image
    事件の涙 Human Crossroads(2017年)ナレーター
  • No Image
    10万円でできるかな(2017年)ゲスト“射的に10万円つぎ込んだら景品を全部落とせるのか?”“10万円分くじを買ったら、いくら当たるか!?”など、頑張れば手が届く10万円でできることにKis-My-Ft2のメンバーが体を張って挑戦し、その結果を検証していく実験バラエティー。メンバー一人一人がロケを行い、サンドウィッチマンが判定を下す。
  • No Image
    ソノサキ〜知りたい見たいを大追跡!〜(2017年)ゲスト驚きの進化を遂げた身近なモノや、見たことがないさまざまなものの“ソノサキ”を追跡するバラエティー。あるテーマに一定期間取り組む実験系企画も行っていく。MCはバナナマン。
  • 家、ついて行ってイイですか?
    家、ついて行ってイイですか?(2014年)ゲスト終電を逃した人に、「タクシー代を払うので、家、ついて行ってイイですか?」とお願いし、帰路に同行する完全素人バラエティー。到着した住居でインタビューを行い、一見普通に見える人の人生ドラマに迫る。MCはビビる大木、おぎやはぎ・矢作兼。
  • 櫻井・有吉THE夜会
    櫻井・有吉THE夜会(2014年)VTR出演櫻井翔と有吉弘行が司会を務める前身番組「アブナイ夜会」からセットを一新し、ゲストの要望をかなえる「夜会掲示板」を実装。番組公式Twitterなどを駆使しながら、ゲストの「疑問」「質問」「探し物」といったリクエストに全力で答えていく。
  • No Image
    チマタの噺(2014年)ゲスト2014年10月に始まった、笑福亭鶴瓶にとって39年ぶりとなるテレビ東京のレギュラー番組。鶴瓶とゲストが、一般人の何げない行動や心温まる話に焦点を当てたVTRを見ながら、よもやま話を繰り広げるトークバラエティー。VTRを受けて、鶴瓶とゲストはそれぞれの体験エピソードを語り合う。
  • No Image
    スイッチインタビュー(2013年)出演異なる分野で活躍する2人の“達人”の出会いを紹介。番組の前半と後半でゲストとインタビュアーの立場を“スイッチ”しながら、それぞれの仕事の極意を発見し合う。なお最終週は休止。
  • No Image
    今夜くらべてみました(2012年)ゲストある共通点を持った3人のゲストを、あらゆる角度から徹底比較するトークバラエティー。MCは徳井義実、後藤輝基、指原莉乃、SHERRYが務める。
  • No Image
    東京暇人〜TOKYO hi−IMAGINE〜(2012年)出演
  • No Image
    TOKIOカケル(2012年)ゲスト毎週、TOKIOがゲストとさまざまなオリジナルゲームやトークを行い、ゲストの素顔を引き出していくバラエティー。2012年10月にスタート。番組で行うオリジナルゲームでは、心理戦で戦う人物の本性を浮き彫りにしていく。
  • ボクらの時代
    ボクらの時代(2007年)出演学者、デザイナー、ビジネスマン、アーティスト、教師、映画監督、タレント、そして政治家まで…毎回、さまざまなジャンルで活躍する3人が集い、多彩な話題や事象を取り上げていくトーク番組。司会者を置かず、あくまでゲストたちによる気負わないトークのみで構成される。
前へ
次へ
池松壮亮のプロフィールへ戻る