閉じる

松尾潔(まつおきよし)

  • ニュース

  • 放送情報

  • 出演情報

  • 関連リンク

松尾潔のプロフィール

誕生日
1968年
出身地
福岡県
作詞作曲を始め、音楽プロデューサーとしても活躍。Never Too Much Productionsの代表を務め、現代黒人音楽の研究者でもある。早稲田大学在学中からR&BとHIP HOPの分野を中心に執筆をスタート。アメリカやイギリスでの現地取材をもとにした評論活動から多数のラジオやテレビへの出演を繰り返し、業界での評価を高める。久保田利伸との交流を経て、90年代半ばから音楽制作にも幅を広げる。SPEED、MISIA、宇多田ヒカルのデビューにブレーンとして加わる。その後も平井堅、CHEMISTRYのプロデュースに携わり、成功に導く。2002年には日韓共催FIFAワールドカップ公式テーマソング「Let's Get Together Now」で、作詞とプロデュースを担当。これまで関わった楽曲では、EXILE「Lovers Again」がJASRAC賞で銅賞を獲得。EXILE「Ti Amo」が第50回日本レコード大賞の大賞、JUJU「この夜を止めてよ」が第53回日本レコード大賞優秀作品賞を得ており、数多くの受賞歴も持つ。

松尾潔のニュース

  • 岩田剛典が、デビュー曲のプロデューサー・松尾潔の手がける初の小説の表紙に

    岩田剛典が、デビュー曲のプロデューサー・松尾潔の手がける初の小説の表紙に

    2021/01/15 05:00
  • CHEMISTRY、遠藤憲一主演作で約10年ぶりにドラマ主題歌を担当!

    CHEMISTRY、遠藤憲一主演作で約10年ぶりにドラマ主題歌を担当!

    2019/06/28 07:00
もっと見る

松尾潔の放送情報

  • No Image

    THEカラオケ★バトル SP[前]

    2021年12月2日(木) 夜7:00/三重テレビ

もっと見る

松尾潔のその他出演作

  • No Image

    メロディーは時をこえて〜歌いつぐ 筒美京平の世界〜(2021年)

もっと見る

松尾潔の関連人物

  • No Image

    本間昭光

  • nishi-ken

    nishi-ken

  • No Image

    acane

  • No Image

    川谷絵音

  • No Image

    カレン

  • No Image

    KennyDoes

  • No Image

    Nami

  • No Image

    吉田広大

  • No Image

    R!N

  • 梅谷心愛

    梅谷心愛

  • 「ザテレビジョン」からのプレゼント!

    「ザテレビジョン」からのプレゼント!

  • ドラマ「アンラッキーガール!」SP特集

    今日も不運、明日も大凶。ドラマ「アンラッキーガール!」SP特集

  • 増子敦貴連載!「珈琲になりたい――」

    新連載スタート!!増子敦貴連載!「珈琲になりたい――」

  • 来栖りん(26時のマスカレイド)お絵描き連載!「虹色スケッチ」

    新連載スタート!!来栖りん(26時のマスカレイド)お絵描き連載!「虹色スケッチ」

  • ぼる塾の酒寄さんちょっと聞いてくださいよ

    第9回公開!ぼる塾の酒寄さんちょっと聞いてくださいよ

  • =LOVEの野口衣織 連載「いおはにほへと。~神アニメ×神セリフ=♡~」

    #2「はめふら」を語る!=LOVEの野口衣織 連載「いおはにほへと。~神アニメ×神セリフ=♡~」

もっと見る

Q&A

松尾潔の誕生日は?
1968年です。
松尾潔の出身地は?
福岡県です。
松尾潔のプロフィールは?
作詞作曲を始め、音楽プロデューサーとしても活躍。Never Too Much Productionsの代表を務め、現代黒人音楽の研究者でもある。早稲田大学在学中からR&BとHIP HOPの分野を中心に執筆をスタート。アメリカやイギリスでの現地取材をもとにした評論活動から多数のラジオやテレビへの出演を繰り返し、業界での評価を高める。久保田利伸との交流を経て、90年代半ばから音楽制作にも幅を広げる。SPEED、MISIA、宇多田ヒカルのデビューにブレーンとして加わる。その後も平井堅、CHEMISTRYのプロデュースに携わり、成功に導く。2002年には日韓共催FIFAワールドカップ公式テーマソング「Let's Get Together Now」で、作詞とプロデュースを担当。これまで関わった楽曲では、EXILE「Lovers Again」がJASRAC賞で銅賞を獲得。EXILE「Ti Amo」が第50回日本レコード大賞の大賞、JUJU「この夜を止めてよ」が第53回日本レコード大賞優秀作品賞を得ており、数多くの受賞歴も持つ。